開発現場で多発する鬱病、社長陣頭指揮が示した意義


 そこからわかってきたことは、「環境の変化への対応がなされていなかった」(天野社長)ことだった。例外を
認めない一律管理の規制、形式と前例主義、親会社を意識した賃金規定、一方的な目標設定、不公平な成果主義、情実的人事、劣悪な開発環境……等々。

その根っこにあるのは、日本企業に根強くはびこる風土だ。上意下達や世代間の断絶、メンタルシックは甘えと受け取られる風潮。ハラスメントする側の意識欠如や、コミュニケーション力の不足など、人間関係の問題も明らかになってきた。

つまり職場環境や古い企業文化が社員の活力を奪い、メンタルシックを増加させていた。天野社長は「環境や文化そのものを変えていくことが改善につながる」と考えた。


人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
官僚の掟<br>忖度エリートのカネと出世

不人気、不遇、不祥事で没落するエリートたちの悲哀。次々に発覚する官僚たちの過ち。採用応募者は年々減少し、東大生の官僚離れが顕著に。それでも官僚はおいしい仕事なのか?