「高スペック人材」を使い潰す日本企業の問題点

「優秀でも出世できない社員」が生まれる理由

高学歴でほかの社員よりも能力が高いのになぜか「出世」とは無縁……。一体何が足りないのか?(写真:zon/PIXTA)

企業には、多数の平均的な社員と一握りの「高スペック人材」がいます。高スペック人材とは、一流大学を卒業した、難関の公的資格を取得している、一流企業で勤務した経歴がある、といった条件を満たす人材です。

期待通りに「さすが!」という大活躍をしている高スペック人材も、もちろんたくさんいます。しかし、意外と目立つのが、成果を出せず、上司や人事部門から評価されず、出世できずにくすぶっている高スペック人材です。

資質・能力では有利で、企業から期待されているはずの高スペック人材が出世できないのはなぜでしょうか。出世できない高スペック人材にどういう特徴・問題点があるのでしょうか。

「能力の高さ」が出世を邪魔する?

今回、経営者や人事部門の責任者・担当者37名に「出世できない高スペック人材の特徴、問題点」を訊ねました。実に多彩な回答がありましたが、次の3タイプがあることがわかりました。

第1に、自分の考え・やり方にこだわり、組織の方針や周囲のやり方に合わせることができないというタイプです。

「東大・京大あたりの出身者はやはり頭が良く、物事の本質をしっかり考え、理にかなったことを言います。ただ、自分の考えに自信を持ちすぎ、周囲に合わせて柔軟に行動するということができません。また、会社では一見無駄な業務や下積み仕事があるわけですが、高スペック人材は自分が無駄だと判断したら止めてしまったり、手を抜いたりします。結果として、職場で浮いてしまい、あまり評価されません」(エネルギー・経営者)

第2に、他人に仕事を任せられない、仕事ができない部下をやり込めてしまう、というタイプです。

「高スペック人材は業務遂行能力が高いので、能力が劣る周囲のメンバーや部下に仕事を任せるよりも、さっさと自分で片付けてしまいます。管理職になったら部下を育成しなくてはいけないのに、仕事ができない部下を厳しく叱責し、やり込めてしまいます。30代前半くらいまで担当者として高く評価されて、同期で一番乗りで管理職に昇格したのに、その後伸び悩んでしまう、というケースがよくあります」(食品・人事部門)

次ページ早慶出身者の中には“似非高スペック人材”も
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT