なぜ、完全自動運転はすぐ実用化できないのか

コンチネンタルのレベル4公道実証で得た核心

今回、試乗が叶ったイージーマイル製のレベル4実証車両(筆者撮影)
この記事の画像を見る(5枚)

―これなら、すぐにでも実用化できそうだ―

国が主導するSIP(戦略的イノベーション創造プログラム)の成果報告として行われた、東京臨海地域での公道試乗会の中で、自動車部品大手のドイツ・コンチネンタルが開発中のレベル4相当の自動運転車に試乗し、そう感じた。

コンチネンタルの自動運転戦略は“シームレス モビリティ コンセプト”と呼ばれ、自宅から都市近郊まではユーザーが所有するパーソナルカーで移動し、その後は公共交通のサービスカーである無人運転シャトルに乗り換えるという“パーク&ライド形式”を想定している。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

試乗ではまず、自動運転仕様のフォルクスワーゲン「パサート」をパーソナルカーに見立て走行した。車内にある小型ディスプレイには、赤と青の丸い表示が出る。これは、SIPの一環で、信号機の情報を周波数760MHz帯域で取得し、点灯状態だけでなく、信号が変わるまでの秒数も示され、ゼロになるとクルマは自動的に発進していく。

走行中、路面に速度抑制の人工的な突起物がある場合に減速して乗り心地を確保したり、歩道の手前で一旦停止をして歩行者を確認してから発進したり、快適性や安全性が十分に考慮されている。また、「積極的に(対応が難しい)交差点での右折を試みている」ともいう。

「パサート」をベースとした自動運転のパーソナルカー。ディスプレイに表示される赤丸と数字が信号機の情報を示す(筆者撮影)

目的地である広い有料駐車場に入ると、アラウンドビューモニターで白線を検知し、パーキングモードに切り替わって自動駐車を行った。

「一般路では、時速0~60kmを想定した“高速モード”だが、地図情報で現在位置が駐車場だとクルマが認識すると時速0~12kmの“低速モード”になる」とし、ステアリングの切れ角も、駐車しやすいように大きくなるプログラムが作動する。

大きく改善された乗り心地

“パーク&ライド”のパークが終了し、次に無人運転シャトルに乗り換えた。

車両はコンチネンタルが出資するフランス・イージーマイル製だが、「既存の走行制御システムを取り除いて、コンチネンタル独自のアルゴリズムを盛り込んだシステムに入れ替え、乗り心地など走りの味付けが違う」という。

次ページポイントはセンサー技術「SLAM」
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT