緊急事態宣言の効果は絶望的なほどほぼ皆無だ

3回の宣言の「本質」と「その違い」は何なのか

競馬である。

自分の予想に興奮し、その2分後に絶望することを毎週繰り返しているが、この週末は、興奮が2分ではなく、3分ちょっと続く、珍しい機会である。天皇賞、3200メートルのいまや日本唯一の長距離G1だからだ(2日、阪神競馬場の第11レース)。

今年の舞台は、淀(京都競馬場)の3200ではなく、仁川(阪神競馬場)の3200ということで変則的である。だが、京都と阪神の違いもさることながら、そもそもの「3200メートル」「2マイル」という距離自体が、それと、当日の馬場状態のほうが重要だろう。

残念ながら、日本に生粋のステーヤーはいなくなってしまった。メジロの冠名で有名だったメジロ牧場の北野ミヤさん(北野豊吉氏の妻)の逝去やメジロ牧場の廃業で、日本のすばらしいステイヤー(長距離血統の競走馬)の伝統は、この連載の共同執筆者の1人であるかんべえ(双日総合研究所・チーフエコノミスト吉崎達彦氏)さんの愛する、ステイゴールド(死去)やオルフェーブル、ゴールドシップなど数少ない産駒だけが受け継いでいる。
これらは細くとも永遠に続いてもらいたいと思っている。

私としては、なんといってもメジロマックイーン(1991年の春の天皇賞優勝馬)である。名騎手だった岡部幸雄氏のせいで、クシロキングというマイラー(1600メートルを中心とする中距離血統馬)に天皇賞を勝たれてしまってから(岡部は2マイルを1マイル2回のレースに変えたと賞賛された。当時1番の長距離血統と言われたシーホーク産駒のスダホークは1番人で惨敗)、「ステイヤーの時代は終わってしまったか」と嘆いていた私に「一筋の光明」を与えてくれた馬だったのである。

春の天皇賞は「2頭のマッチレース」を期待

さて、マックイーンといえば武豊騎手であり、怪我が癒えて1日から待望の復帰を果たしているのだが、今年私が狙っているのは武豊騎手が乗る馬ではなく、和田竜二騎手が騎乗するディープボンドだ。

岡部騎手はシンボリルドルフ、武豊騎手はメジロマックイーン、そして、和田騎手はテイエムオペラオーと、代表的な馬がいるように、名手は名馬に育てられるという。

和田騎手は地味ながら名手であり、長距離は名手の出番だ。さらに、ディープボンドは、ディープインパクトに含まれるステイヤーの血を開花させつつあるキズナの産駒だ。

遅れてきた2020年代の名ステイヤーとして、ぜひとも名を残してほしい。実際、前走はすばらしい走りで、他馬を圧倒した。4歳になって馬が充実しており、ここも圧勝までありうる。

一方、前走では圧倒的人気ながら、ディープボンドに負けただけでなく、惨敗したアリストテレスにもがんばってほしい。馬場が普通なら復活してほしいし、今の日本に必要なのは、アリストテレス(あるいはソクラテス)のような、自分で思索する力である。この2頭のマッチレースを期待する。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT