新横浜の地下深く、人知れず進む巨大鉄道工事

22年度下期開業「相鉄・東急直通線」現場ルポ

地下2階にあるブルーラインの線路の下に相鉄・東急直通線の駅が造られる。工事を行う際、既存駅の地盤が弱まり沈下する可能性がある。そこで既存駅が沈下しないよう、既存駅下の地盤に固化材を高圧で噴射し、土と撹拌して地下水流入防止などの地盤改良を施した後、強固な地盤まで杭打ちして既存駅を仮受けした。しかも、地上は交通量が多い幹線道路に設けられたスペースでの作業であり、駅前の円形歩道橋も工事を支障しかねない。もちろん、ブルーラインとの交差部における工事は列車の運行を妨げないよう、慎重に行う必要がある。厳しい条件が重なる中での難工事である。

相鉄・東急直通線の新横浜駅は環状2号線の直下に建設。市営地下鉄ブルーラインの線路の下を通る(画像:鉄道・運輸機構)

地下4階のホーム上に立つ。新横浜は相鉄と東急の境界駅。そのため、ホームは2面3線式で、双方向への折り返し運転が可能な構造になっている。

線路こそまだ設置されていないが、エスカレーターはすでに取り付けられていた。ホームの化粧板も完成しており、あとは駅名標を設置すれば見慣れた駅ホームの姿になる。

「ST線第1出入口」と呼ばれる場所から地上に出ると、真上に円形歩道橋がある。第1出入口と歩道橋と結ぶエスカレーター、エレベーター、階段が設置される予定だ。便利ではあるが、新幹線との乗り換えについては地下4階からの移動となるため、JR横浜線やブルーラインと比べると、乗り換えには少し時間がかかりそうだ。

残る難関は新綱島―日吉間

駅に続いて地下トンネルの建設現場を歩く。羽沢横浜国大―新横浜間を走る長さ3.5kmの羽沢トンネルは2020年2月に貫通し、現在は軌道工事中。

新横浜―新綱島間を走る長さ3.3kmの新横浜トンネルは、2020年6月に新横浜トンネルの真上で2度にわたって道路が陥没する事故が起き、工事が一時中断したが、同年11月にシールドマシンによる掘削が完了した。「開業予定時期への影響はない」(JRTT)という。

トンネル内には線路がすでに敷かれていた。もっとも、これは旅客営業用ではなく、作業用の仮設線路。工事の部材を運ぶ台車が線路の上を走る。

残るのは新綱島―日吉間だが、これもなかなかの難工事だ。日吉駅のホームを出発した列車はしばらくの間、東横線の高架の下を走り、その後地下に潜る。地上部では東横線の高架橋の真下に新線の構造物を造るため、高架橋を改築する作業が必要となる。むろん、東横線の列車運行に支障があってはいけない。

次ページ東横線高架を避け両側にトンネル掘削
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT