マスターズV「松山英樹に密着10年」で見た進化

日本人初マスターズ制覇、その知られざる軌跡

日本人初のマスターズ制覇を果たした松山英樹選手(写真提供:TBSテレビ)
この記事の画像を見る(6枚)
夢を抱き、戦いに挑み、過酷な現実に直面した者たちに訪れる、“人生に刻まれた、忘れられない大切な一日”。その忘れられない一日を「バース・デイ」とし、登場する主人公が新しい自分に生まれ変わる瞬間をドキュメンタリーで描いているのが、毎週土曜午後5時から放送しているTBSテレビの『バース・デイ』だ(「TVer」にて見逃し配信中)。同番組は、先日、日本人初のマスターズ制覇を果たしたプロゴルファーの松山英樹選手を10年間取材してきた。今回は、4月17日の放送を基に10年間の軌跡をお届けする。

「ついに日本人がグリーンジャケットに袖を通します!」

「ついに、ついに…世界の頂点に、松山が立ってくれました!」

ウイニングパットが決まった瞬間、実況のアナウンサーは声を震わせながらこう伝えた。マスターズ制覇の快挙を成し遂げた、プロゴルファー・松山英樹。日本の男子ゴルフ界がマスターズに初挑戦してから実に85年。幾多の名だたる日本人選手がはねのけられてきた高い壁をついに越えた。

日本中に歓喜をもたらした歴史的快挙は、日本人にとって長きにわたる夢であり、松山にとっても大きな夢であった。すべてをマスターズのために捧げてきた男の苦悩と葛藤とは。10度目の挑戦で悲願のグリーンジャケットに袖を通した松山の10年間の物語に迫る。

初めてのオーガスタ挑戦は大学2年

2011年4月、松山はアマチュアだった大学2年時に初めてマスターズに挑戦した。広大なオーガスタナショナルGCを目の当たりにして、「やばい、これはキレイだわ、すごいわ」と素直な感動を口にした。

グリーンやフェアウェイの緑、バンカーの真っ白い砂、そしてコースの周りを彩る花が生み出すコントラストをもつマスターズの舞台・オーガスタは、19歳の青年の心を躍らせた。その光景は、母国を襲った未曽有の大震災直後、日本中の想いを背負って異国の地に立った松山を奮い立たせた。

2011年3月11日。

東日本大震災が、松山が通う東北福祉大学のある宮城県、そして東北地方を襲った。それからひと月足らずでのマスターズ出場。多くの人が亡くなり、そして、今なお大変な思いをしている人が大勢いる中、「自分が出場してもいいのか」と松山は悩んでいた。

次ページ松山の背中を押したファンの激励
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT