100年前「禁酒法」施行の米国で何が起こったか

結果としては歴史に残る「ざる法」だった

「アメリカの禁酒法がうまくいっていないのはアメリカの問題であって、カナダには関係ない」

カナダの国民の多くはそう思っていたようです。結局、カナダは輸出を続け、当時の国家財政の3分の1はアメリカへの密輸が占めていたといわれるほど、大もうけしました。

全国禁酒法に終止符が打たれたのは1933年です。同年、禁酒法廃止を訴えて選挙戦にのぞんだフランクリン・ルーズベルトが大統領に就任。12月に全国禁酒法は廃止となり、14年近く続いた禁酒法時代はようやく終わりを迎えました。

その後、アメリカのウイスキー産業は徐々に勢いを取り戻します。しかし、禁酒法時代に多くの蒸留所が閉鎖となったため、原酒が不足し、当初はバーボンではなく、安価なブレンデッドウイスキーが出まわりました。

現在、バーボン販売数量世界一を誇るジムビームは、禁酒法廃止からわずか120日後に蒸留所を再開し、1934年にはジムビームバーボンを販売しています。しかし、ウイスキー産業全体が復活するのは、第2次世界大戦後の1950年代に入ってからです。1950年代にはアメリカンウイスキーの輸出が増え、アメリカンウイスキーが広く世界で飲まれるようになりました。

1963年には、合衆国内におけるアメリカンウイスキー販売量の51%以上をバーボンが占めるようになります。バーボンが名実ともにアメリカを代表するウイスキーとなったのは、このころからです。

酒類の製造や販売を規制する州は今なお存在

1980年代から1990年代にかけて、ウイスキー産業は世界的に低迷します。アメリカンウイスキーの代名詞となり、最盛期には200近く存在していたケンタッキーバーボンの蒸留所は、10カ所程度にまで落ち込みました。この流れが変わるのは2000年以降のことです。

『人生を豊かにしたい人のためのウイスキー』(マイナビ新書)書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

なお、アメリカ合衆国全体での禁酒法は廃止されましたが、酒類の製造や販売を規制する州は今なお存在します。州のなかでアルコール飲料の販売を禁止している郡を「ドライ・カウンティ」といい、現在も数百のドライ・カウンティがあるのです(酒類の規制がない郡は「ウェット・カウンティ」と呼ばれます)。

例えば、ジャックダニエルの蒸留所はテネシー州ムーア郡にありますが、ムーア郡はドライ・カウンティです。見学客は、特別許可を得ている蒸留所内の売店でのみ、ジャックダニエルを購入することができます。

コンビニエンスストアで24時間365日お酒を買える日本は、お酒に対してとても寛容な国だといえるでしょう。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT