日本人はアメリカ株投資の魅力をわかってない

30年で12倍と「ピークに戻ってない市場」との差

ちなみに、アメリカ株に投資するには大手の証券会社でも扱っているが、変動の激しいアメリカ株に投資するのであればオンライン証券の活用を強くお勧めしたい。

現在、SBI、マネックス、楽天、DMM.com、SMBC日興、GMOクリック、岡三、One Tap BUY(2月1日よりPayPay証券)といったオンライン証券がアメリカ株を取り扱っているが、1株投資はもちろんのことリアルタイムで売買できる証券会社もある。

例えば、マネックス証券のアメリカ株投資のアプリ「TradeStation」を使えば、リアルタイムで時間外取引も含めたアメリカ株投資ができ、「全決済」ボタンひとつで即座に成行でポジションをクローズすることもできる。価格変動の激しいときには、非常手段として決裁してしまうことも可能だ。

アメリカ株を売買するのに成行では不安だと思う人が多いかもしれないが、最近では日本株同様に指値、成行どちらでも投資が可能な環境ができている。

後は情報収集だが、楽天証券のように細かな情報データが日本語でわかりやすく解説してある情報サイトもある。以前とは大きく異なる投資環境が整備されている。

1株投資で気軽に資産形成が可能!

日本の株式市場にも、爆上げするような銘柄は数多くある。しかし、アメリカ株の最大の魅力はやはり1株で投資ができることだ。少ない金額で、気軽に投資が可能になる。

周知のように、アメリカ株は連日、最高値を更新するなどコロナ収束後を先取りする形で上昇を続けてきた。今後、遅かれ早かれアメリカの中央銀行である「FRB(連邦準備制度理事会)」は「テーパリング(緩和縮小)」に動くはずであり、それに先駆けてアメリカ株には調整が入る。要するに、高くなりすぎた株はやがて下がる日が来る、ということだ。そんな機会を見て、大きく下がったところを拾う投資法もいいだろう。

むろん、こまめに売買を繰り返して利益を上げるのもありだ。少なくとも、オンライン証券の売買手数料は、日米合わせても数百円程度。気軽に投資できるマーケットと考えていい。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT