スズキ新工場稼働で問われるインド事業の難題

二度の稼働延期、シェア50%を維持できるか

スズキも韓国勢に対抗してラインナップの拡充を進めており、約55万円の小型SUV「S-PRESSO」を2019年に投入した。とはいえ、SUVへの参入では後塵を拝している。

2月に行った中期経営計画の発表会の席上で、鈴木社長は「インドの市場で(シェア)50%を死守するというのは非常に大変なことだと思う。現在もSUVセグメントでは他社にリードを許しているという状況にある」と認めている。日本国内では軽自動車や小型車が主力のスズキにとって、莫大な開発費のかかるラインナップ拡充は並大抵のことではない。

もう1つの鍵が販売網だ。スズキがインド市場に参入したのは、1983年にインドの国営企業「マルチウドヨグ」と合弁会社を設立したときだ。黎明期にあったインド市場で長らく事業を続けたことで、強固な販売・サービス網を築き上げた。とはいえ、いま以上に販売台数を伸ばすのであれば、販売網のさらなる強化が必要になる。

移動式トレーラーで認知度を拡大

スズキはインド国内で中高級帯車種を扱う販売店ブランド「NEXA」を展開している。2019年からはNEXAの移動式店舗を展開し、インドでの裾野を広げようとしている。移動式店舗の狙いは販売店がない地域にトレーラーを展開し、スズキの認知度拡大を図ることだ。

スズキの鈴木俊宏社長は「農村部での需要開拓をしっかりやって、シェアを伸ばしていきたい」と語る(写真:スズキ)

鈴木社長も「これまで、スズキが車を売って行く対象にしていたのは13億人いるインドの人口のうち、3億人ぐらいだった。農村部での需要開拓をしっかりやって、シェアを伸ばしていきたい」と話した。

2月に発表した2020年4~12月期決算で、マルチスズキはスズキ全体の34%に相当する477億円の営業利益を計上した。インド事業の帰趨が今後もスズキの命運を左右することになりそうだ。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
  • 不妊治療のリアル
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT