普通の会社員が実力以上の大金持ちになる方法

コロナ時代に稼ぐカギになる「資本家比率」とは

11日に行われた桜花賞に続いて、この週末(18日)は3歳牡馬のクラシック競走・皐月賞(G1、中山競馬場第11レース、距離2000メートル)が行われる。桜花賞を勝った白馬のソダシは美しく同時に力強かった。本連載の筆者・小幡績先生の予想も見事に的中した。筆者も続きたいものだ。

さて、コーナーがきつく、短い直線に坂がある皐月賞の設定は日本のG1競走としては、やや特殊だ。しかも、天気予報では週末は雨が降る可能性が小さくない。

皐月賞は1番人気予想のエフフォーリアより「あの馬」

「前哨戦のルート」としては、G1である「ホープフルステークス組」よりは、2着、3着の馬が次に重賞を勝っている「共同通信杯組」の方が、世評は上のようだ。

しかし、共同通信杯を完勝して1番人気が予想されるエフフォーリアの「切れ味」よりも、ホープフルステークス、弥生賞と皐月賞と同じコースと距離を経験したダノンザキッドの「力強さ」と経験が今回は勝るのではないだろうか。

弥生賞では、勝負所で反応がワンテンポ遅れる弱点が見えたが、川田将雅(ゆうが)騎手がペースの上がる皐月賞を見据えて抑える競馬を教えたニュアンスを強く感じた。いかにもトライアルの戦い方だった。本番では、もっと積極的なレースで力勝負に持ち込むのではないだろうか。騎手の腕を込みにして、この馬を本命に採りたい。

馬券的には面白くないが、エフフォーリアは対抗より下には落とせまい。

以下、好枠(1番)を引いて鞍上にクリストフ・ルメール騎手を得たアドマイヤハダルが3番手、常に追い込みが鋭いヨーホーレイク、先行力があるタイトルホルダー、積極的なレースができるとしぶとそうなシュヴァリエローズまでを押さえたい。 

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 見過ごされる若者の貧困
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT