中国「新エネルギー車」3カ月で販売爆増の要因

市場は高価格帯と低価格帯で二極化している

中国のEV市場は二極化している。写真は低価格EVの「宏光MINI EV」(写真は上汽通用五菱汽車ウェブサイトより)

中国の新エネルギー車市場は、2021年1~3月期に急激な成長を遂げた。現地の自動車メーカーの業界団体である中国汽車工業協会(略称:中汽協)が4月9日に発表したデータによれば、1~3月期の新エネルギー車の累計販売台数は51万5000台で前年同期比3.8倍、直前の2020年10~12月期と比較すると23%増だった。

(訳注:新エネルギー自動車は中国独自の定義で、電気自動車[EV]、燃料電池車[FCV]、プラグインハイブリッド車[PHV]の3種類を指す。通常のハイブリッド車[HV]は含まれない)

新エネルギー車は2019年6月に政府から補助金が大幅にカットされ、EV市場も不調に転じ、停滞期が1年近く続いていた。ところが、2020年7月に入り新エネルギー車の販売は一転して急増し始め、以降毎月増え続けている。

こうした背景について、中汽協の副総工程師の許海東氏は「新エネルギー車の市場が変化した主な原因は、個人による購入の増加にある。個人購入の増加が製品の質を押し上げ、(メーカー側も)消費者のニーズに応えられるようになってきた」と語る。

個人購入が市場回復を下支え

アメリカの経済シンクタンクのマッキンゼー・グローバル・ インスティテュート(アメリカのコンサルティング大手マッキンゼー・アンド・カンパニーの研究部門)のレポートによると、中国の消費者の新エネルギー車に対する不安感(抵抗感)は減少傾向にあり、「次の自動車購入時にはEV車を検討する」と答えた人の割合が4年前の20%から2021年には63%まで増加した。

本記事は「財新」の提供記事です

これまでは新エネルギー車の用途はネット予約ハイヤー、タクシーなどの営業車が中心だったが、消費者心理の変化も受け、2020年に入り個人による購入は明らかに増加している。

現在、中国における新エネルギー車の販売は、高価格と低価格で二極化している。自動車販売会社の業界団体の中国乗用車市場信息聯席会が4月9日に発表したデータによれば、テスラの2021年3月の販売台数は3万5400台で、月当たり販売量の記録を塗り替えた。

一方で中国の自動車大手、上汽通用五菱汽車が製造する超小型EV「宏光MINI EV」も、同月販売台数が3万9700台に達し、国内で唯一テスラに拮抗する車種となった。(詳細は、中国の「44万円EV」が農村市場で快走する背景を参照)

新エネルギー車だけでなく、中国の自動車市場は全体的に顕著な回復傾向が見られる。中汽協のデータによれば1~3月期の自動車販売台数は前年同期比75.6%増の648万台を記録した。しかし乗用車の販売台数は新型コロナウイルス感染症流行前の2019年の1~3月期に比べて3.6%減少しており、許海東氏は「国内自動車市場はまだコロナ前のレベルまで回復していない」とも指摘する。

(財新記者:劉雨錕)
※原文の配信は4月9日

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT