地味にすごい「地図帳」50年間で変わったこと

市町村名や色使い、取り上げるテーマなど変化

地図帳の中身は、実は年々変化しています(写真:shimanto / PIXTA)
子どもの頃、誰もが持っていた地図帳。
その内容は、埋め立てなどによる地形の変化、市町村合併、高速道路・鉄道など交通機関の開廃業により、実は少しずつ変化しています。
1964年と2020年 くらべて楽しむ地図帳』(松井秀郎編集)では、1964年と2020年の2時点の日本地図を比較することで、その違いをひと目で理解できます。
本稿では同書から一部を抜粋し、同書に地図を提供している『高等地図帳』の出版元・二宮書店のベテラン編集者による「地図制作の裏話」を紹介します。

56年で何が変わった?

見た目でいちばんわかりやすいのは、鉄道です。以前は線路に笛巻という白黒が交互に入った線を使用していたのが、現在は新幹線にだけ笛巻を残し、あとは実線に変更しました。

もともとは鉄道が目立つようにと考えて採用したのですが、だんだん鉄道路線が増えて、大都市近辺に線路が密集してきたことで、笛巻だと目立ちすぎて地図が見づらくなってしまったんです。

例えば1964年の東京の地図では、新幹線もまだ走っていませんし、武蔵野線(1973年開業)もまだなく、スッキリしているのがわかると思います。

また1964年の地図で福岡県と大分県の境にある英彦山周辺などを見ると、山の標高をアミで示したなかに、短い線が引かれているのがわかると思います。これは万線といって、アミの濃淡だけでは周りの色との区別がつかないところに使用していたものです。現在は印刷技術が発達して色を多く使用できるようになり、濃淡を数%単位で表現できるようになってアミだけで細かい差をつけられるようになったので、万線は使われなくなりました。

次ページ市街地の表現にも変化
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT