「骨格リセットエクササイズ」はいいかも

日経平均は、7月いっぱいまで堅調?

農薬事件の質問が相次いだマルハニチロの株主総会。筆者も、総会ウイークで大忙しだった
NYダウはついに1万7000ドルを突破。日本の市場も「GPIF効果」が絶大なのか、大幅に売り込まれる雰囲気は当面ないようにも見える。
そんな中、カリスマ投資家の内田衛氏は、どうしていたのか。どうやら久しぶりに売買を行い、しっかり利益を確定したようだ。相場は、もうしばらく堅調なのだろうか?まずは、「株日記」で振り返って見よう。

 

【6月23日(月)】先週末のNYダウは25ドル高の1万6947ドル、日経平均も19円高の1万5369円と小幅高。明日から株主総会ウィーク。

【6月24日(火)】多機能型介護施設「ケアセンターそよ風」運営のユニマットそよ風(9707)の総会へ行く。2年連続で2回目。株主からの「介護業界の中でのユニマットそよ風の地位は?」との質問に、2014年3月31日現在で258拠点を運営し業界5位、ショートステイが得意分野だそうで、ショートステイについては業界1位だそうだ。

総会は11時15分終了、その後、介護施設で出されている手作りデザートとコーヒーを飲みながら懇親会。施設の職員さんが配ってくれるのがうれしい。お土産は、なぜか保湿剤。個人的には、配当性向が2割(前期は11.1%)は欲しいところだ。

平安レイの株主総会で、名前を呼ばれビックリ!

この連載の一覧はコチラ

【6月25日(水)】神奈川県首位級の冠婚葬祭サービスの平安レイサービス(2344)の総会へ行く。昨年に続き2回目。自社会館での総会なので、葬儀の予約の入らない「友引の日」の総会だ。2030年まで平均で年2%死亡者数は増加するのだそうで、少子高齢化の日本の中で数少ないマーケットが拡大する業界だと思う。

また、長生きする方が多くなっているので、葬儀の規模も小さくなっているのだそうだ。たとえば、定年間際の現役でお亡くなりになった場合と、定年退職してから30年して亡くなるのとでは、出席人数が違うということなのだ。総会終了後、テーブル着席による懇親会。各テーブル10人なのだが、たまたま同じテーブルの株主さんが、連載をしていた東洋経済の『オール投資』の読者の方だったようで、初対面だったのに「内田さん」と呼ばれてしまった。

次ページ平安レイ終了、その足で次の総会へ「はしご」
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT