ANAが「元ピーチCEO」を要職に大抜擢した本意 非航空収入「5年で倍増」を託されたアウトロー

拡大
縮小
10年足らずでピーチを国内3位の航空会社に育て上げた人物が、ANAの長年抱えてきた課題を解決するために同社の重要子会社のトップに大抜擢された(記者撮影)

コロナ禍でもがく航空最大手グループ、ANAホールディングス。同社は4月1日、役員体制を一新した。中でも注目を集めたのが、ほぼ無名の子会社「ANA X」の担当役員人事だ。

ANA Xは2016年に設立され、会員数約3700万人を誇る「ANAマイレージクラブ」の運営などを担ってきた。主要な事業会社とは言い難かったが、グループが航空需要の蒸発で巨額赤字に転落する見通しとなる中、非航空収入の拡大を担う中核企業へと躍り出た。

ANA経営陣との微妙な「距離感」

グループの上席執行役員に昇格すると同時に、そのANA Xで社長に就いたのが、井上慎一氏(62歳)だ。

井上氏は三菱重工業を経て1990年、ANAに入社した。2011年に同社が香港の投資ファンドとLCC(低コスト航空会社)のピーチ・アビエーションを立ち上げた際、代表CEO(最高経営責任者)として移籍。10年足らずでピーチを国内3位の航空会社に育て上げた実績を持つ。

ピーチの子会社化に際し、急遽開かれた会見で居並ぶ井上氏(左)とANAの片野坂社長。井上氏の表情は明らかに曇っていた(編集部撮影)

実はこの井上氏、ピーチ時代にANA経営陣との距離を感じさせる場面があった。最たる例が2017年、独立経営で成長してきたピーチに対し、ANAが出資比率を引き上げ子会社化すると発表した会見での一幕だ。

ANAとの航空分野における各種提携を「一切やりません!」と井上氏が宣言したそばで、ANAの片野坂真哉社長が「いや、これから考えるかもしれませんし」と牽制するなど、終始ぎこちないやりとりを繰り広げたのだ。

井上氏が2020年4月、ピーチからグル-プの看板企業である全日空に代表専務として電撃復帰を果たした際も、業界他社の幹部から「好き勝手やっているピーチのことが気に入らないANA幹部の多くは、突然栄転した井上氏をいいふうに思わない」と驚きの声が上がった。

次ページそんな井上氏がなぜ「改革の急先鋒」に?
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT