THE昭和「どぶ板選挙」がいまだ健在な深いワケ

「何年も変わらないこと」の裏に潜む合理性

令和の時代になっても「どぶ板選挙」がなくならないのには、きちんとした理由があるといいます(画像:Fast&Slow/PIXTA)
「社会人になってから長い間『暗黒時代』が続きました。そこから抜け出せたのは、『生きる知恵としてのマーケティング』のおかげです」
数々のグローバル企業でマーケターとして活躍している井上大輔氏は、自らの経験を振り返って語る。
「マーケティングのエッセンスを『生きる知恵』として人生に活かせば、仕事・キャリア・プライベートのすべてで『求められる人』になれると気づいたんです」
そんな「生きる知恵」を解説する書籍『マーケターのように生きろ:「あなたが必要だ」と言われ続ける人の思考と行動』を上梓した井上氏に、令和の時代に「どぶ板選挙」が健在な理由とそこから学ぶべきことを、マーケティングの視点から分析してもらった。

変化の激しい時代に30年前から変わらないもの

日本に商用インターネットが登場して約30年、iPhoneの発売から約15年が経ちました。その間に世界は激変したと言っていいでしょう。いつでもどこにいても観たい・聴きたい映画や音楽がサブスクリプションで楽しめ、自宅にいながら仕事や会議までもができてしまう未来。それを30年前に予測できていた人はどれだけいるでしょうか。

『マーケターのように生きろ:「あなたが必要だ」と言われ続ける人の思考と行動』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

一方で、15年前からも30年前からも、あまり形を変えていないものがあります。選挙戦の戦い方はその1つです。

2013年4月の公職選挙法改正で、選挙活動へのインターネット利用が解禁されました。ホームページやSNSアカウントを持っていない国会議員はいまや少数派でしょう。

それにもかかわらず、いわゆる「どぶ板選挙」は、いまだに選挙戦略の定石です。街頭演説や選挙カーで自らの名前を連呼しては、駅前や商店街に立って街ゆく人に笑顔を振りまく。そんな候補者の姿は、30年前も今も変わらず選挙戦の風物詩です。

そうした選挙戦を戦うのは、何もネットに馴染みが薄い年配の候補者だけではありません。都道府県や政令指定都市の首長戦などでは、むしろ対抗馬であることの多い若い候補者ほど、インターネットと合わせて、むしろそれ以上に時間をかけて、街頭での「どぶ板選挙」に精を出しています。

だとすると、実際に「どぶ板選挙」には、ネット選挙同等、あるいはそれ以上の効果があるのではないでしょうか。そして、実はそれは、マーケティングの観点からも理にかなっているのです。

次ページ覚えてもらい、好きになってもらい、選んでもらう
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT