パンデミック後にどのくらい在宅勤務を継続?

継続予想が最も高いインド、最低はアメリカ

世界の多くの企業は新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が収束した後も従業員が在宅勤務を継続するとみている。米ズーム・ビデオ・コミュニケーションズがボストン・コンサルティング・グループ(BCG)に依頼した新たな調査で明らかになった。

この調査リポートによれば、調査対象の6カ国のうち日本を除く5カ国は回答企業の過半数が柔軟なリモートワークの勤務体制を検討している。コロナ流行時のビデオ会議活用が成功したことが背景にある。従業員の多くがリモートワークを継続すると予想している企業も多数あった。

従業員の3分の1以上がコロナ収束後もリモート勤務を行うと予想した企業は米国で39%だったが、これは6カ国の中で最も低かった。最も高かったのはインドで47%。残り4カ国の日本、英国、フランス、ドイツはいずれも40%を上回った。

原題:Many Businesses See Hybrid Work Continuing After Pandemic(抜粋)

著者:Brody Ford

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT