プロポーズで発見「結婚は無理」30代女性の本心

居心地のいい相手との結婚に違和感を感じた訳

彼との会話で印象的だったエピソードを聞くと、

「“誰一人、同じ人間なんていないよね”といった話で盛り上がったことがあって。夫婦になっても考え方の相違は絶対出てくるから、その違いを認め合っていきたいねと。その言葉を聞いてすごく安心しましたね」

育ってきた環境が違うからすれ違いはイナメナイとはSMAPのセロリ。丸山さんとなら穏やかな結婚生活が過ごせそうな気がする。カフェで笑顔で話す彼の顔を眺めながら、三浦さんはボンヤリと幸せな生活を想像した。

お互いの価値観を共有したいが…

三浦さんが入会した結婚紹介所のルールでは、マッチングしてから3カ月以内に結婚に進むか否かを決めることになっていた。丸山さんは、すでに三浦さんとの結婚に前向きだったが、ここで三浦さんに期限目前でブレーキが掛かる。

「短期間で結論を出さないといけないというルールの中で、私はできるだけ価値観を共有して、お互いを確認する作業をしておきたかったんです。結婚してからこんなはずじゃなかった!と思うのは嫌だから、可能な限り情報は集めておきたい。学生時代にどれくらい勉強を頑張ったか、家族関係や仕事内容、同僚との付き合いや通勤時間の過ごし方、それに健康についても聞きました。もし、体が弱い方ならそれ相応の覚悟もいるでしょうし、私が軽度のぜんそくを患っていることも伝えています。根掘り葉掘りとはいかないけれど、彼の性格がわかるような質問をちょこちょこ投げかけていましたね」

丸山さんは、三浦さんの質問には答えてくれるし、仕事や家族関係も良好。話を聞く限り特別大きな問題は見当たらなかった。しかし、三浦さんが足踏みしたのはなぜか。

「彼から私に対する質問がほとんどなかったんです。私はもっとお互いのことを情報交換しようと提案すると、そこまでする必要はあるの?と。僕はもう結婚してもいいと思っているし、今まで話したことがすべてだと言われちゃって……。ほんわかしすぎているというか、自然体と言えば自然体なんでしょうけど、結婚に対する重さが違ったのでしょうか」

もっと知りたいと思う彼女と、十分話したと語る彼。ただ、丸山さんも入会金や月会費を払い、お金も時間も費やしている。ある程度は、覚悟を決めて入会したのでは?

「入会金が10万円、月会費は5000円、成婚料は20万円くらいだったと思います。そのお金が高いのか安いのかわかりませんが、彼は実家暮らしでお金には余裕があったのかもしれませんが……」

結局、3カ月の期限では決められず、オプションで2カ月の延長を紹介所に申し出た。

次ページなんとクリスマスに…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT