まるで宮殿、海外「超豪華列車」の圧倒的贅沢さ

スペインや南ア、「通」に人気のクルーズ列車

「オリエント急行」は、1883年にパリ―コンスタンチノープル(イスタンブール)間で運行を開始したのが始まりだ。往年の客車を使用した列車は1977年に廃止されたが、余剰となった客車はオークションにかけられ、スイスの旅行会社イントラフルーク社が客車、食堂車などを落札。1981年からノスタルジー・イスタンブール・オリエント・エクスプレス(NIOE)として欧州各地を走らせた。1988年に来日したのはこの列車だ。

オーストリアの電気機関車に牽引されて走る「ノスタルジー・イスタンブール・オリエント・エクスプレス(NIOE)」(筆者撮影)

一方、オークションにはアメリカの海運会社も参加して客車を落札。35両あまりを整備復元し、1982年からロンドン―パリ―ミラノ―ヴェネツィア間に「ベニス・シンプロン・オリエント・エクスプレス」(VSOE)として運行を開始した。VSOEはその宣伝力もありたちまち人気の列車になった。その後、コースをスイス―ミラノ経由からオーストリア経由に変更したが、「憧れのオリエント急行」として豪華列車が各国に増えた現在もその地位を保ち続けている。

和服は車内で大うけ

筆者は運転開始早々の1982年、ミラノ経由に乗車。その旅はまるで映画『オリエント急行殺人事件』や『007ロシアより愛を込めて』のシーンを彷彿させ、映画の面影を求めて車内をウロウロした。その後、2002年にはパリ東駅からインスブルック経由の列車に乗った。1回目の乗車ではドレスコードに難儀して一応タキシードでディナーやバータイムをやり過ごしたが、この時は思い切って和服にしたら、これが車内で大うけで、記念写真に引っ張りだこだったのが懐かしい。

次ページスペインを走る知られざる豪華列車
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT