まるで宮殿、海外「超豪華列車」の圧倒的贅沢さ

スペインや南ア、「通」に人気のクルーズ列車

南アフリカの鉄道といえば「ザ・ブルートレイン」の存在があまりにも大きく、後発であるロボスレイルの列車は、まだまだ広く知られているとはいいがたい。だが、欧米の鉄道愛好家の間では、その優雅で気品ある列車は有名で、鉄道発祥の国英国のレールファンには「ビクトリアの滝とロボスレイルを見ずして死ぬことなかれ……」とまで言わしめている。

ロボスレイルの創始者、ロハン・ボス氏(左)と筆者(写真:筆者提供)

ロボスレイルは1989年にロハン・ボス(Rohan Vos)氏が設立。南アフリカを中心にナミビア、ボツワナ、タンザニアなど近隣諸国を最長2週間かけて走る。

筆者が乗ったのはプレトリアとケープタウンの2泊3日ツアー。発着する駅はロボスレイルの専用駅「ビクトリアパーク駅」。黄金期の面影を再現した駅舎内には待合室をかねたラウンジがあり、乗車前のひとときをドリンクサービスで過ごすことになる。

20両編成に乗客は72人

列車編成は2両のラウンジカーと2両のダイニングカー、13両の客車、先頭には電源車やスタッフ専用車などの計20両編成だが、乗客は定員72人。最上級の部屋はロイヤル・スイートでバスタブ付のバスルームを備える。

ロボスレイルは乗客の国籍に合わせて駅に国旗がはためく。筆者が乗車した際は日の丸がはためいていた(筆者撮影)

筆者が乗車した客車は3室のデラックス(ツインルーム)があり、1両の定員はたったの6人。乗務員は1両あたり1~2人おり、乗客の世話をする。列車の先頭に立つのは1930年代製造の蒸気機関車「Pride of Africa」の重連。ホームには当日乗車する人の国籍に合わせた国旗が掲げられ、筆者が乗車した際は日の丸がはためいていた。

ケープタウンへのツアーでは途中にキンバリー金鉱山のツアーが組み込まれ、坑内の見学のほか、鉱山跡に走るオールドトラムも体験できる。車内のフリースペースのひとつである最後尾の展望サロン客車ではサバンナの動物も見られ、アフリカ大陸を走る鉄道を実感することができた。

世界各国を走る豪華列車を紹介してきたが、コロナ禍のご時世にあっては海外はおろか国内旅行も困難な日々が続いている。豪華列車に限らず、再び列車の旅を十分に楽しめる時がやってくることを待ちたい。なお、記事中で紹介した列車の現在の運行状況や乗車する場合の料金、予約方法などはコロナ禍による影響を受けている可能性もある。各列車の公式サイトなどで確認することをお勧めする。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT