独VWが次の主戦場EV市場でリーダー奪取を宣言

主要テクノロジーの標準化で大胆なコスト削減

欧州最大の自動車メーカー、ドイツのフォルクスワーゲン(VW)は16日、主要テクノロジーを標準化することでコスト削減の取り組みを強化すると発表した。劇的な電気自動車(EV)シフトを加速させ、米テスラなどの競合に対抗する。

フォルクスワーゲンの電気自動車SUV「ID.4」

VWは発表資料で、今年のEV販売目標を100万台とし、遅くとも2025年までに世界EV市場のリーダーになることを目指すと説明した。

ソフトウエアやバッテリー、充電インフラを含めたテクノロジーの展開で効率化を高める「プラットフォーム」アプローチを探る。23年までに固定費を5%(20億ユーロ=約2600億円)、材料費を7%減らす計画もあらためて示した。

原題:VW Eyes Global Electric-Car Lead by 2025 in Platform Push、VW Eyes Global Electric-Car Lead by 2025 in Platform Push (2)(抜粋)

著者:Christoph Rauwald

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT