行司が明かす、知られざる「相撲列車」の舞台裏

体が大きくても、大移動のときは1人1席が原則

国技館の最寄り駅の両国駅(写真:けんさん/PIXTA)
相撲列車はいつ走るのか。車内はどのようになっているのか。誰がグリーン車を利用できるのか――。現役行司の書き下ろしによる、大相撲と鉄道の関係を掘り下げた一冊が『大相撲と鉄道』(交通新聞社新書)です。その一部を抜粋して紹介します。

1両に最大100人が乗車

大移動の貸し切られた車内は、1両に最大100名の力士が乗車しています。大きなスーツケースや土産物などで座席上の荷物棚はパンパンです。

棚に収まらない荷物をデッキに置く力士も見かけますが、デッキに置いてしまうと、通行の妨げになります。ホーム方向の扉の前に置いてしまうと、扉が開いたときにホームへと傾くこともなくはないでしょう。1両まるまる貸切とはいえ、大変危険ですし、遅延を招く可能性にもつながります。

これを防ぐために、事前の本場所中には、仕度部屋や各部屋に、移動の相撲列車運行などを知らせる貼り紙を掲示します。そのときに最小限の荷物で乗車するようにと注意喚起しています。

「鉄道最前線」の記事はツイッターでも配信中!最新情報から最近の話題に関連した記事まで紹介します。フォローはこちらから

車内には鬢付油の匂いが充満しています。夏場はもちろんですが、暖房が利いている冬場にも、暑がりの力士たちの額には、汗が滲んでいます。そんななかで食事をしたり、スマートフォンやタブレットでオンラインゲームや映画鑑賞をしたりと、思い思いに過ごす力士の姿があります。

とはいえ、大半の力士は寝ています。

大きなイビキが聞こえてくることもあります。

タブレットに映画が映し出されたまま、寝落ちしている力士もいます。

力士たちは乗車前の午前中に、部屋や地方場所の宿舎の掃除や後片付けの仕事を終えてきています。無理もありません。さらに、この時間帯は、通常ならば稽古後の昼寝の時間帯でもありますので、睡魔に襲われるのでしょう。

どんなに身体が大きくても、大移動時に与えられる座席は、1人1席です。肘掛けを上げても肩と肩がぶつかり合い、窮屈な空間です。

次ページグリーン車は十両以上から
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT