おいでやす小田をひたすら面白がる妻の「金言」

東京進出も、M-1コンビ結成も妻の一言が…

「周りからは『なんで今?』って止められましたね。後輩芸人のアキナも『これから大阪で食えるようになるに決まってるじゃないですか』って言ってくれたけど、僕はそうは思わなかった。

それで実際、東京に出てきて、仕事は増えたんですよ。大阪時代のほうが楽しかったですけど……。大阪では難波周辺にみんな住んでいて、ホームの(よしもと)漫才劇場に仕事がなくても入り浸っている、その感じが楽しかった。劇場に行けば誰か絶対おるみたいな、サークルみたいなノリなんですよ。

それに比べ東京では、仕事は仕事。でも今は、これが普通なんやと思います。逆に大阪時代は、“好きなことをして楽しければいい”という現状に満足していたからダメやったんやと。イチかバチかの決心が足りなかった

R-1で負けて騒ぐ姿を妻は楽しんでいた

東京へ拠点を移した後もR-1グランプリ連続決勝進出の快進撃は続き、5年連続ファイナリストに。だが、優勝には手が届かない。それを夫婦は楽しんでもいた。

優勝できないことに関して奥さんは、『もう別に、しなくてもいいやん』って言うてました(笑)。負けて負けて、わんわん言ってたら、それがもうおもしろいじゃないですか。奥さんもそれを見て楽しんでたんやと思います。

悔しがって地団駄踏んでる姿も含めてバラエティーやと思ってるんで、今となってはR-1の結果も正直ありがたい。優勝を狙ってなかったって言ったらウソになりますけど、負けたら負けたでおいしいから、全部含めて2人で楽しんでました」

過密スケジュールの中、雪の影響で遅れた新幹線の中からインタビューに答えてくれた(写真:週刊女性PRIME)

仕事でスベって帰っても、「おもしろい」「めっちゃわろた」と心から言ってくれる人がいることが、芸人としての自信と支えに。

僕のことは芸人として、おもしろいと思ってくれているみたいです。それはありがたいし、ネタについても奥さんの意見は参考にしています。2019年のR-1の決勝戦にかけたネタも、実は単独ライブで1回だけやったものの、それ以降ボツにしていたネタでした。

それがR-1の少し前にマヂカルラブリーに呼ばれて“1度死んだネタをよみがえらせる”という『フェニックスライブ』に出たんですが、奥さんに『あのネタやったら?』と言われて。ほんまにやったら、めちゃくちゃウケたんですよ。それがR-1決勝のネタになったんですが、奥さんに言われなければ、ボツのままでしたね。

その年も優勝を逃してしまいましたが、家に帰って感想を聞いたら、『めっちゃわろた!』って言ってました」

次ページ顔はまぁ、タイプです
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 今見るべきネット配信番組
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT