おいでやす小田をひたすら面白がる妻の「金言」

東京進出も、M-1コンビ結成も妻の一言が…

「おいでやすこが」c(右)とこがけん(写真:週刊女性PRIME)
この記事の画像を見る(10枚)

M-1グランプリ史上初、ピン芸人同士のユニットとして決勝に進出した「おいでやすこが」。ツッコミ担当のおいでやす小田が見せる「叫び芸」に、ハマる人が続出している。M-1、そしてR-1での小田の快進撃での裏には、妻のアドバイスがあった。2月某日、大阪から東京へ、劇場をハシゴする超多忙なスケジュールの中、小田がオンライン取材に応えてくれた

M-1グランプリ2020の最終決戦では、優勝は逃したものの、松本人志からの投票という、重みある1票を獲得。ダウンタウンに憧れてお笑いの道を選んだ小田にとって、この票は大きかったと語る。

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

「何度思い出しても興奮しますね……(M-1ファイナルで)松本さんに票を入れてもらったことは。今、番組で共演できるようになって、僕がやりやすいように振ってくれたりイジってくれたりするのも、ほんまありがたいです。僕の何を気に入ってくれたのかわかりませんけど……

最近、松本さんの番組で『小田にもう飽きてる』って言われましたけど、それもうれしかった。『小田飽きた』『おいー!』って返せますから。『飽きた』が1周したら、また逆のことを言ってイジってきはると思いますけど(笑)」

妻のアドバイスで東京進出

一気に仕事が増え、M-1での快挙を振り返る暇もない毎日に。そんな今、芸人人生の岐路を思い返すと、いつも妻の何げないひと言に、動かされてきたという。

今は忙しくさせてもらってますけど、もし結婚していなかったら、R-1やM-1での結果も違うものになっていたと思います。なんやったら今ここにいないかもしれない。東京に出てきたのも奥さんのひと言がきっかけだったので

関西って漫才文化なので、やっぱり活躍の場が広いのは漫才コンビ。僕がR-1の決勝に毎年出ていても、テレビでロケに使われるのは、(ピン芸人の)僕じゃなく若手の漫才コンビやったりするんですよ。関西ってそういうとこなんかな、もうチャンスないんかなーって思っていたときに、奥さんがポロッと『東京進出とかどうなん?』って。このまま大阪にいても仕事が増える見込みはないと思ったので、東京へ一旗上げに行こう、と決めました

ピン芸での実績があっても、大阪では漫才師を超えられないと見切りをつけ、2018年、東京吉本への移籍を決意。ホームである大阪を離れた。

次ページ奥さんの意見を参考にする
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT