「オー!マイ・ボス!」の低評価に見るTBSの大異変

「脱漫画原作ドラマ」は失敗に終わるのか?

絶好調の「TBSドラマ」に起きた異変とは?(写真:東洋経済オンライン編集部)

TBSの火曜ドラマと言えば、ドラマ冬の時代でも勢いのある人気枠。2014年の新設枠ながら2016年の『ダメな私に恋してください』(深田恭子主演)以降、女性向け漫画を原作にしたラブストーリーを連発し、同年の『逃げるは恥だが役に立つ』(新垣結衣主演)が最高視聴率20%を超える大ヒット。

2017年の『あなたのことはそれほど』(波瑠主演)、2018年の『義母と娘のブルース』(綾瀬はるか主演)、そして2020年の『恋はつづくよどこまでも』(上白石萌音主演)も最高視聴率15%を超え、ちょうど入れ違いのように2016年で恋愛ドラマをやめてしまった「フジテレビ月9枠」や、1時間前に放送されるカンテレ制作の「フジテレビ火曜9時枠」の苦戦ぶりとは対照的に、絶好調だった。

そう、2020年9月1日、『私の家政夫ナギサさん』の最終回が視聴率19.1%を獲得したところまでは。

「漫画原作頼み」から「オリジナル重視」へ

その後、放送された新ドラマは『おカネの切れ目が恋のはじまり』と『この恋あたためますか』、そして1月に始まった『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』の3作。

実はここでTBSはそれまでの漫画原作をやめ、オリジナルドラマ重視に方針転換してきている。内容的にはこれまでと同じ、F1層である20~30代女性向けのラブストーリーで、シリアスというよりコミカル、リアルというよりファンタジー。

3作とも「庶民であるヒロインの恋のお相手は大手企業社長の御曹司」というわかりやすいシンデレラストーリーで、一見、いかにも漫画原作のようだが、実はそうではないのだ。この4年間で少女漫画的ドラマのノウハウは習得したので、原作なしでも行ける。局内でそういう判断がなされたのだろうか。

ところが『オー!マイ・ボス!』の第1話が放送されると、人物設定と展開がアメリカ映画『プラダを着た悪魔』に似すぎていることが明らかになった。

上白石萌音演じるヒロイン・奈未は、名前のとおり「人“並み”の幸せが1番」と考える堅実志向の女子。そんな彼女が大手出版社のファッション雑誌編集部でカリスマ編集長・麗子(菜々緒)専属の雑用係をすることになるが、美しき編集長は奈未を小間使いのように酷使し、辛辣な言葉で考えの甘さを指摘したうえで、何かあればクビだとプレッシャーをかける。

次ページ『プラダを着た悪魔』とソックリな点とは?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT