なぜ幹部社員は、髪を金色に染めたのか

炸裂!グーグルOB起業家のホンネトーク(後編)

前編と同様、起業をテーマに語り合う。左からクービックの倉岡寛CEO、freeeの佐々木大輔CEO、フリークアウトの佐藤裕介COO
 

前編はこちらをご覧下さい。

上場審査=「ちゃんとしようよ」

山田 6月24日、フリークアウトは東証マザーズに上場しました。6月26日には株式時価総額が450億円を越えるなど、高い評価を受けていますが、日本でグーグルのOBが経営をする企業が新規上場をしたのは初めてですよね。

佐藤 そうですか。ちょっとわからないですけど。ただ海外ではたくさんありますよね、日本では初めてかもしれませんが。

山田 将来の参考になると思うので、倉岡さん、佐々木さんから、上場手続きについてどんどん聞いてください。

倉岡 どれぐらい前から準備をしました?

佐藤 創業して1年半ぐらいで監査法人と主幹事を決めて、そこからはずっと準備をしていました。もっとも準備といっても、監査を入れた決算をちゃんと出すとか、そういうことですけど。2年ぐらいは、そういう体制を作る作業をずっとしてきていますね。

ただ、この作業はそれほど面倒くさいものではない。基本的には、「残業代をちゃんと出しましょう」など、当たり前のことをちゃんとしようぜ、という話ですから。

佐々木 とはいえ、それまでは必ずしもちゃんとしているわけではない。スタートアップ時のちょっといい加減な、ゆるい雰囲気ってあるじゃないですか。そういうのは失われたな、という感じですか。

佐藤 意図的に失わないようにコントロールしています。体制自体はどんどんちゃんとした会社の形になっていって、出社や退社の時刻も記録しないといけなくなる。そうなると息苦しいので、バランスをとるために管理部門のシニアなメンバーの髪の毛を金髪に染めてみたり(笑)。「お前、明日から金髪にしてこい」って。ある程度の不謹慎さはちゃんと残しておくので、まあ大丈夫でしょう。

佐々木 柔らかくなりすぎだよ。

倉岡 そこもブランディングですか。

佐藤 そうです。佐々木さんのオフィスもいい雰囲気ですね。

佐々木 うちはもう完全にいい加減。労働時間が長いので、居心地のいい、楽しい環境で働けるといいと思っていますね。

次ページ最近は生産性を重視
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当は怖い住宅購入
  • 財新
  • 最新の週刊東洋経済
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
<a href="https://bit.ly/2SmSYaR" target="_blank">新型肺炎で中国大停滞<br>アップル供給網に打撃</a>

新型コロナウイルスの拡大に伴う人の移動の制限によって、中国では企業活動の停滞が深刻です。iPhone生産にも甚大な影響が。組み立てを担う台湾・鴻海グループの鄭州工場は今……。「財新」特約のデジタル版連載「疫病都市」の続編です。