定番スタイルからスマートビジネスに大変身

働くヒト vol.4 佐藤さん スタイル①

画像を拡大
ネイビー×ホワイトで、清潔感が際立つビジネススタイルに

 

<スタイリング ポイント> 

TK:今回はとてもさわやかなコーディネートですね。

 

阪急MEN'S TOKYO:そうですね。今回は、夏の代表的なコーディネートとも言える清涼感のあるスタイルで、ネイビーのジャケットに白のパンツを合わせました。皆さんも、きっと無地のネイビーのジャケットはすでに1着はお持ちだと思うのですが、じゃあ次に買うネイビーの1着は?となったときの候補のひとつが、チェックです。このジャケットのように、大きなウインドペーン(大柄のチェック)は、インパクトもありますし、カジュアルダウンにはもってこいです。

TK:なるほど。ちなみに、柄のジャケットだと合わせるシャツが難しくないですか?

阪急MEN'S TOKYO:今回、シャツはストライプにしたのですが、細い柄と大きい柄なら合わせても問題ありません。特に佐藤さんは体型を気になさっているので、ストライプやネクタイの直線的な感じで縦のラインを強調し、身体のラインをスマートにみせるようにしました。

TK:そういう視覚的効果もあるのですね。一方で、白いパンツは膨張して見えたりしませんか?

 

阪急MEN'S TOKYO:テーパードのすっきりとしたシルエットなので、大丈夫です。それよりも、白がいっそうさわやかさを出してくれます。

TK:確かに、そうですね。佐藤さん、実際に着ていかがですか?

 

佐藤さん:正直なことを言うと、少しきついです(笑)。でも、我慢している分、大人っぽくていいですね。普段は無難な服が多くて、チェックはもちろん、柄物のジャケットは着たことがないので、新鮮です。

TK:気に入っていただけてよかったです。

 

 さて、次回は、佐藤さんにおしゃれ度がさらにワンランクアップする、カジュアルなスーツスタイルに挑戦していただきます。

掲載商品:
ジャケット 3万8000円 (MACKINTOSH PHILOSOPHY)、シャツ 1万1000円 (HITOYOSHI)、パンツ 1万5000円 (Credimi)、 ネクタイ 6800円 (The Tie)、ベルト 1万3000円 (Anderson's)、靴 3万8000円 (UnionImperial)  ※価格はすべて税抜き

撮影協力:
HANKYU MEN’S TOKYO
STYLE MAKING CLUB

チーム変身ラボ:
PHOTOGRAGH: HIROYUKI SUZUKI
HAIR&MAKE UP: HACHI
STYLING: MITSUHIRO NISHIGAMINE (HANKYU MEN'S TOKYO)
STYLING&EDIT: NAOYO MADISON 

 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • コロナショックの大波紋
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界揺るがす地雷原<br>コロナ経済危機の5大論点

欧米で新型コロナウイルスの感染が拡大し、世界経済はマヒ状態に陥る寸前です。米国の信用不安、原油価格急落に欧州医療危機……。世界はどんな地雷を踏みかねないのか、5つの論点で識者に見立てを聞きました。