定番スタイルからスマートビジネスに大変身

働くヒト vol.4 佐藤さん スタイル①

 さて、今回ご登場いただく佐藤さん。日本に帰国してから困ったことのひとつは、日本の洋服のサイズが合わなかったことだといいます。

TK:やはり、アメリカで大分体型が変わりましたか?

 

佐藤さん:そうですね、5年前に20キロくらい太ってしまいました。アメリカにいたときはSサイズで問題なかったのですが、日本のSサイズはきついですし、たまにMサイズでもだめですね。体型が変わり、本当にサイズに困っています。

TK:ちなみに、普段の格好も日本と海外では変わりましたか?

 

佐藤さん:そうですね。向こうでは、ほとんどTシャツかポロシャツにデニムか短パン、足元はスニーカーというスタイルでした。西海岸だったこともありますが、基本的にカジュアルです。それに比べ、日本の人はすごくおしゃれに気を遣いますよね。僕も日本では、シャツ+ジャケットにパンツで、あまりカジュアルすぎて失礼にならないようにと思っています。ですが、先ほどのサイズの問題もあるので、サイズが合うものが見つかると、同じものを何枚も買ってしまったりします。そして、気がつくとベーシックで同じような洋服ばかりになってしまいます。何だか、オン、オフの違いもあまりでませんし……。阪急MEN'S TOKYO:

TK:では、まずひとつめのスタイルとして、今回はビジネスシーンでかっこよくきまるおしゃれなジャケットを用いたコーディネートを提案したいと思います。

 

ジャケットやパンツなどを手にとり確かめる佐藤さん

 

このあとは、いよいよ待望の変身です!

次ページいよいよ驚きの大変身!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT