リクルートを創った天才「偉業」の影に見た脆さ

カリスマ江副浩正いなくても組織が自走する訳

不特定多数の人々に向けられたマス広告は、乱暴な表現を用いるなら「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」の世界だ。しかし現実問題として、それではエンドユーザーの望みをかなえる可能性は低くなる。そこで、「情報を求めている消費者」と「情報を伝えたい企業」をマッチングさせる仕組みをつくり上げたわけだ。

具体的には、就職すべき企業を探す学生に必要な情報を提供する『リクルートブック』(現在の『リクナビ』)、家を探している人に向けた『住宅情報』(現在の『SUUMO』)、中古車情報を網羅した『カーセンサー』、海外旅行情報誌『エイビーロード』、女性の転職転職をサポートする『とらばーゆ』などがそれにあたる。

ここからもわかるように、江副は創業以来一貫して、日本社会にありがちな“前例”を一蹴し続けてきたのだ。故に「起業の天才」というわけで、当然ながら本書においてもその革新性に重きが置かれている。

もちろん、そこが重要な点であるのは間違いない。だが個人的には、むしろそれ以外の部分に強く引かれた。リクルート事件を契機に“悪人”というようなイメージがつき、最終的には東京駅構内で倒れ、76歳で世を去った江副の「人となり」を克明に綴ったアプローチにこそ説得力を感じたのだ。

「落ち度のないオールマイティーな人」だったのか

それは、「“天才”は、本当に“天才”だったのか?」という問いかけを残すことにもなった。天才ということばには「落ち度のないオールマイティーな人」というようなイメージがあるが、読み進めていくと、必ずしも江副がそういうタイプであったわけではないということがわかるからだ。

江副は東京大学在学中に、大学新聞の求人広告を取り扱う「東大新聞」を発案。卒業後はどこにも就職しないまま「大学新聞広告社」を立ち上げ、1962年(昭和37年)には“これまでにない媒体”である『企業への招待』をつくる。のちに『リクルートブック』となったこれが、現在の「リクナビ」の前身だ。

本書のなかには、同社の黎明期を描写した『素手でのし上がった男たち』(番町書房)内の文章が引用されている。これを書いた人物は、当時の同社でアルバイトとして働いていた、「知の巨人」こと立花隆だ。

次ページ地下の小部屋で「紙のグーグル」をつくる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT