「アップルカー」の成功が難しいと言える理由

i Phoneのような世界標準になるための課題

いずれにしても、自動車メーカー各社のEVパッケージをそのまま使うとなると、アップルというブランドだけで、今後激しさを増すEV市場の中でアップルカーを差別化するのは難しいとも思う。

また、自動運転技術についても、ファブレス化によるアップルカーの差別化は難しいという印象を持つ。

自動運転技術で必要とされるハードウェアは、車載側ではカメラ、ミリ波レーダー、レーザーレーダーなど数種類のセンサー、また道路インフラ側にも同様の各種センサーを要するが、ここにアップルが直接介入するとは考えにくい。

アップルにとって有益なのは、自動運転技術を搭載した車両と、車両の利用者から得られる多種多様なデータである。

データプラットフォームでマネタイズできるか?

こうした自動運転技術データの収集と解析については、アメリカ・インテルとその子会社であるイスラエルのモービルアイや、メルセデス・ベンツと技術連携しているアメリカ・エヌビディアなど、画像認識技術を基盤として新たなるマネタイズを模索している半導体関連企業にとって極めて重要な領域であり、ここにアップルが絡める余地はほとんどないと考えられるからだ。

また、車載データ全体を見ると、グーグルはインフォメーションとエンターテインメントが融合したインフォテインメント領域で、アンドロイドの車載OS(オペレーティング・システム)のシェア拡大を進めている。

Android車載OSを採用した「Polestar 2」のインフォテインメント(写真:Polestar)

さらに、グーグルは2019年秋ごろから、世界各地のIT系イベントで、アンドロイド車載OSが関与する領域を、インフォテインメントの枠を超えて、自動運転やパワートレインの制御など、クルマの動力性能に関わる分野まで拡大することを目指すと表明している。

一方のアップルの場合、現状で車載器との関係は、i Phoneの連携を行うCarPlayに限定されており、アップルカーの車載OSをどう設計するのかによって、車載データのマネタイズ戦略が大きく変わるはずだ。

以上のように、「将来のクルマはi Phoneのようにアップルが主導権を握る」という予測を立てるには、多くのハードルがある。それでもなお、アップルがアップルカー量産を進める場合、どのようにしてクルマのアップルワールド化を実現するのか。アップルカーの今後について、引き続き注視していきたい。

関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT