自転車と原付の「いいトコ取り」電動バイク3選

USBポートを備えスマホの充電ができる車種も

自転車と原付のイイトコ取り。ニューノーマルな電動バイク3選をご紹介します(写真:OCEANS編集部)
この記事の画像を見る(10枚)

原付バイク同様のスピードと、車に積めて旅先でも乗れる手軽さで、行動範囲をグンと広げてくれる新しい時代のモビリティ「電動バイク」。

当記事は、『OCEANS』の提供記事です。元記事はこちら

時に自転車、時にバイクと幅広いシーンで使えたり、小さく折り畳んで家の隅に置いておけたり、多機能で見た目も使い方もスマートな3台の電動バイクを紹介しよう。

3-WAY&折り畳み可。汎用性重視ならコレ!

全長約1250×全幅約600×全高約950mm。ボディカラーはイエロー、ベージュ、ホワイト、ブルーの4色。19万8000円(税込)/グラフィット(写真:OCEANS編集部)
グラフィット「ハイブリッドバイクGFR-02」

2017年に販売されたハイブリッドバイクGFR-01のユーザーの声をベースに、フルモデルチェンジして生まれたのが、GFR-02だ。

GFR-01同様、自転車+電動アシスト自転車+電動バイクの3-WAYで楽しめる。電動バイクとしての走行距離は約25km、最高速度は約30km/h。

折り畳んだサイズは全長約650×全幅約450×全高約600mm。バッテリーはフレーム内にあり、取り出して家庭用電源で充電できる(写真:OCEANS編集部)

GFR-01からの改良で、ミラーが大きくなって後方を確認しやすくなり、クランクのサイズが大型化されて、自転車での走行能力が上がり、登坂能力もアップ。

折り畳んだ際も安定して自立するから、オフィスでも立ち寄ったカフェでもどこでも置きやすいのもありがたい。

次ページ独自の技術「モビチェン」で歩道を走ることが可能に!
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT