あのVWが運営する「テーマパーク」驚きの中身

テーマパーク「アウトシュタット」の魅力

ドイツ・ウォルフスブルクにある自動車のテーマパーク「アウトシュタット」(イラスト:溝呂木 陽)
フォルクスワーゲン・グループが運営しており、ドイツ北部にある複合施設「アウトシュタット」。同エリアにはあの「リッツ・カールトン」が併設するなど、単に自動車博物館だけではなく、大人にとってのテーマパークだった!?

豊かな未来都市が忽然と眼前に現れた!

自動車メーカーの主要施設には数多く足を運んできた。本社はもちろん、工場、テストコース、BI(ブランド・アイデンティティ)拠点、博物館、、世界中の主要な施設のほとんどを見てきた。

本記事はLEON.JPの提供記事です

とくに、歴史を含めた「ブランド」に強い拘りをもつ欧州メーカーの施設には心惹かれるものが多い。そんな中でも、強いインパクトを受けたひとつが、VW「アウトシュタット」。VW本社/本社工場のある、独ニーダーザクセン州ウォルフスブルクにある。2000年6月に開催されたハノーバー万博に合わせてオープンされたテーマパークだ。

アウトシュタットは広大な敷地に建設されたが、初めて目の前にしたときの印象は強烈だった。「豊かな未来都市が忽然と眼前に現れた!!」……とでも言えばいいのだろうか。とくに、そのアイコンともいえる超モダンなガラスの高層ツインタワーの存在感/インパクトには圧倒された。

大都市のビル群の中にあるのなら、「ワッ、カッコいいビルだな!」程度のインパクトで終わったかもしれない……が、360度見回しても高い建物など一切ない。「天空を突く」かのようなこのツインタワーが「カータワー」であることを知らされ、驚きはさらに加速した。

2塔ともに高さは48mの40階建て。各々に400台ずつ、計800台が格納できるという。ちなみに、タワーは工場と地下道で結ばれており、納車を控えた新車が、一切の自走なしで送り込まれる。

次ページ日本から訪れる人も
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT