転職で「年収が下がる人、上がる人」決定的な差

業界ではなく「自分を売り出す市場」を意識せよ

年収を上げたいと思ったとき、「転職」という選択肢に安易に飛びつくのは危険だといいます。まずは、何をすべきなのでしょうか(画像: タカス/PIXTA)
「社会人になってから長い間『暗黒時代』が続きました。そこから抜け出せたのは、『生きる知恵としてのマーケティング』のおかげです」
数々のグローバル企業でマーケターとして活躍している井上大輔氏は、自らの経験を振り返って語る。
「マーケティングのエッセンスを『生きる知恵』として人生に活かせば、仕事・キャリア・プライベートのすべてで『求められる人』になれると気づいたんです」
そんな「生きる知恵」を解説する書籍『マーケターのように生きろ:「あなたが必要だ」と言われ続ける人の思考と行動』を上梓した井上氏は、「転職」をどう捉えているか。
転職でチャンスをつかんできた井上氏の提言は、意外にも「年収を上げたいなら転職はするな」。その理由とは?

「業界や職種」ではなく「市場」を意識する

突然ですが質問です。あなたはいま、どんな業界で、どんな仕事をしていますか? 

『マーケターのように生きろ:「あなたが必要だ」と言われ続ける人の思考と行動』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

人材業界で営業マネジャーをやっている、IT業界でプログラマをやっている、メーカーでマーケティングをやっている……もちろんいろいろな方がいると思いますが、この質問には、だれもがすぐに答えられるでしょう。

では、もう1つ質問です。あなたは知識と経験を売って対価を得るプロフェッショナルとして、どんな「人材の市場」に属しているでしょうか

この質問に答えるのは、最初の質問に答えるより難しいと思います。「そんなの、考えたこともない」という人もいるかもしれません。

なぜなら、同じ会社で同じような仕事をしていても、この質問への答えは変わりうるからです。

たとえば、同じ人材派遣業界の営業マネジャーでも、Aさんは「人材派遣営業のプロ」と答えるのに対し、Bさんは「営業組織構築のプロ」と答える、といったことが起こりうるのです。

次ページAさんとBさん、「転職で年収が上がる」のはどちら?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • ドラの視点
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT