ビットコインは強気相場の行き過ぎた投機だ

テスラはビットコインに15億ドル投資と発表

仮想通貨ビットコインは金融サービス業界全般に受け入れが広がる兆候を受けて高値を更新し、初の5万ドル台に接近しつつある。

大手金融機関の受け入れ拡大で株価上昇に弾み

米テスラがビットコインに15億ドル(約1575億円)投資すると発表してから1週間。伝統的な金融業界でも受け入れる動きが続いており、直近ではモルガン・スタンレーの投資部門がビットコインに賭ける是非を検討中と報じられた。また、カナダ当局は北米初のビットコイン上場投資信託(ETF)を承認した。

仮想通貨は規制が依然として緩く、政策当局者の間で物議を醸している資産ではあるものの、多くの企業が関連サービスを追加し始めている兆しもある。11日にはバンク・オブ・ニューヨーク(BNY)が従来型およびデジタル資産向けの管理プラットフォームを開発するチームを新設したと発表した。マスターカードも同社の決済ネットワーク上でカード保有者による特定の仮想通貨の取引を認め始める方針を示している。

テスラを率いるイーロン・マスク氏のような資産家に加えて大手銀行にも受け入れが広がったことで、ビットコインの華々しい上昇に新たな弾みがついている。2月だけで価格は約50%上昇。14日の取引で一時4万9000ドルを突破し、香港時間15日午前9時37分(日本時間同10時37分)時点では4万8000ドル前後で推移している。

ビットコイン、一時5万ドルに近づく-最近の動き受け最高値更新

次ページ投資家にとっては「保有すべき」資産に
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT