日経平均「3万円突破」がそう簡単ではない理由

今後の株式相場で重要になる「3つのポイント」

つまり新型コロナ感染状況が好転し、宿泊・飲食業で発生した失業者の多くが職を取り戻すなら、失業率は急低下する。失業率の精緻な予測は難しいが、仮に宿泊・飲食業に従事していた(現在失業中の)約380万人が職を取り戻せば、失業率は4%以下に低下し、ほぼパンデミック前の水準に戻ることになる。新型コロナ感染状況に好転の兆候がみられ、経済の正常化期待が膨らむと、金融市場参加者は一気にFRBの出口戦略を織り込みにいくのではないか。

新型コロナ感染状況の好転と、経済活動再開の時間軸を読む観点から注目すべきは、イスラエルの新型コロナ感染状況である。欧米各国のワクチン接種率が「1桁パーセント」にとどまるなか、イスラエルの接種率は40%超と群を抜いて高水準にあり、先行指標として注目される(出典はOur World in Data、1月23日現在)。イスラエルでは12月19日に接種が開始され、年始時点で約100万人が接種を完了、政府は3月中に接種率が70%に達することをもくろんでいるという。

もっとも、現在のところ新規感染者数や死亡者数といった数値は目立って減少しておらず、死亡者数はむしろ微増傾向にある。ワクチン接種率が40%超に達しているにもかかわらず、感染者数、死亡者数といった数値に大きな変化はみられないことは、感染の封じ込めが一筋縄ではいかないことを物語っている。

FRBが方向転換すれば金融市場の大きな波乱要素に

それでも最近は新規感染者数の伸び率が明確に下向きのカーブを描いている。筆者は、ワクチン接種と感染者数の因果について考察・予想を避けるが、今後、欧米諸国や日本のワクチン接種率が上昇する過程では、イスラエルの事例が参考にされ、金融市場参加者や政策当局者の予想形成に影響を与えるだろう。例えば、ワクチン接種率が〇〇%まで上昇すると、〇〇日経過後に新規感染者数が減少し、〇〇日後に経済活動の制限解除が可能になる、といった具合だ。

イスラエルの新型コロナ感染状況が期待どおり好転した場合、金融市場では世界経済の正常化期待が膨らむだろう。素直に考えれば、景気回復期待から株高要因となりそうだ。

ただし、同時に経済政策の正常化も同時に織り込まれる点に注意したい。特にFRBの方向転換は金融市場の大きな波乱要素になりかねないため、細心の注意が必要だ。金融緩和の度合いが緩まるとの見方からアメリカの長期金利が急上昇すれば、アメリカ株はもちろん日本株への打撃は不可避だろう。目下の株高が「新型コロナバブル」ならばその崩壊は新型コロナ終息と共に訪れるというわけだ。日経平均株価3万円回復を予想する向きが増えているが、そう簡単にはいかないのではないか。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT