池袋パルコに現れた、「服の自販機」の驚愕

アーバンリサーチが仕掛けるバーチャル試着革命

大阪・アメリカ村のジーンズカジュアル店からスタートした、セレクトショップのアーバンリサーチ。同社の2014年1月期の売上高は355億円。そのうち、EC売上高が70億円を占める。同社は2000年代初頭からECサイトを展開。EC比率10%でも先端企業といわれるアパレル業界において、異例の約20%を達成し、高成長を続けてきた。全店規模でのスタイリング提案のブログもいち早く始めるなど、業界ではECの最先端企業として知られる。

画像を拡大
飛び跳ねても、洋服がピタリと追随する

しかし、ここに来て、大手ECサイトの中には徐々に頭打ちになるところも現れ始めた。「自社ECをさらに伸ばすために、リアル店舗を活用しようと考えた」(齊藤氏)。

ウェアラブルクロージング開発のきっかけは、2012年に東京メトロ表参道駅の構内に出店した、わずか7坪ほどのポップアップストアだったという。通行量の多い駅ナカ立地を生かそうと、当初は雑貨を中心に置いたが、売り上げはイマイチ。試しに衣料品を投入してみたところ、飛ぶように売れ出した。

売り場1坪当たりの売上高は、通常の店舗の3倍以上。「どこで服を買うかというのはルールがないと気がついた」(齊藤氏)。しかし、7坪の狭小な売り場では、陳列できる商品はせいぜい50着程度。「1000着のデータが入った端末を置けば解決するのでは」という発想の転換に至った。

メーカーや卸への端末販売も狙う

画像を拡大
ウェアラブルクロージングを開発した齊藤氏

同社の竹村幸造社長はつねづね、社員に「洋服でなくてもいいから、新しいことを考えろ」と語っている。ウェアラブルクロージングは2台で2000万円の開発費用がかかったが、経営陣からは即「ゴーサイン」が出た。

1年半前から開発を始め、先端的な取り組みに積極的なパルコからの協力も受け、今回の端末設置にこぎ着けた。

「英語や中国語の表示が可能なので、海外での設置や訪日観光客の買い物にも対応できる。端末の盗難防止などセキュリティー上の課題はあるが、将来的には無人店舗として設置を進める」(齊藤氏)

次ページ商業施設にもメリットがある
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • 経済学で読み解く現代社会のリアル
  • 就職四季報プラスワン
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT