急増する「リモート太り」を回避する3つの方法 在宅ワークの普及で「健康格差が拡大」する

拡大
縮小

もうひとつ、リモートになって、自分の全体像が人から見られにくくなった、ということも在宅太りの大きな原因だと思います。少し太って身体が大きくなっても、リアルと違って誰も指摘するわけでもない。リアルで会っていれば、人からどう見られるかを気にして、やせようとしたり、食事に気をつけたりしますが、それもなくなってしまった。

オンラインでは、顔が映るだけだからです。人に見られないことも、ライフスタイルが緩む原因だと思います。リモート会議ではカメラをオンにする、外出する回数を増やすなどして、人から見られる機会を増やすようにしてみましょう。

在宅勤務で健康格差が広がる

みなが一様に通勤していたころは、運動量も食事もある程度均一化されていました。しかしリモートワークが進めば進むほど、それらはこれまで以上に個人の裁量に大きく左右されることになり、健康格差がどんどん広がっていってしまうと考えられます。

きちんと運動や食生活を意識している人は、働き方の自由度が高まれば高まるほど、自分の理想の生活を追求していくことができます。一方で、ヘルスリテラシーが低いと、運動不足や間食の増加などにより、在宅太りや不健康になり、仕事のパフォーマンスも低下していく事になるでしょう。

これからますます、セルフコンディショニングができる人、できない人の差が広がっていくと思います。ぜひ自分にあったコンディション法を編み出して実践してください。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT