三菱自動車が電気自動車の個人向け販売開始、14年までに200万円台前半の価格目指す

三菱自動車が電気自動車の個人向け販売開始、14年までに200万円台前半の価格目指す

ついに一般消費者が電気自動車を手に入れられる時代が到来した。

三菱自動車はきょう4月1日から電気自動車「i−MiEV(アイミーブ)」の個人向け販売を開始した。同時に価格を従来から約62万円下げ、国の補助金制度の活用を前提としてユーザーの実質負担額を284万円と、300万円以下に抑えた。

これまでは自治体や法人向けのみに売ってきたが、個人にも販売先を広げて電気自動車の本格的な普及に先鞭をつける。同じく実質負担額を300万円以下に設定して、電気自動車「リーフ」を今年末に投入してくる日産自動車を迎撃する。

三菱自はi−MiEVの個人向け販売に合わせて、価格を398万円に改定した。従来(469.9万円)から61.9万円の値下げ。電気自動車の購入に際して国が設けている補助金制度で1台当たり114万円が交付される前提で、ユーザーは実質284万円でi−MiEVを購入できる計算だ。販売方式は税金や整備費用などを三菱自側が負担するメンテナンスリース販売を継続する。

充電インフラの整備や高い車両価格など、電気自動車の普及には課題も多いが、費用さえ払えば一般の個人が電気自動車を購入できる日が訪れたのは、日本の自動車産業にとって歴史に残る大きな一歩だ。

三菱自が先行する電気自動車の価格をめぐっては、後を追う日産自動車が戦略的な価格を打ち出した。日産は3月30日、4月1日に予約注文を開始し、12月に発売する電気自動車「リーフ」の価格を376万円に設定したと発表した。補助金の活用を前提とすると、ユーザーの実質負担額は299万円。300万円を切った。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT