「安心度日本一」は、倉吉市(鳥取)

部門別「住みよさランキング2014」(上)

「利便度」は野々市(石川)が3年連続トップ

「利便度」は野々市市(石川)が3年連続で1位となった。金沢市の南部に隣接する同市は、金沢市中心部から一体となった市街地が市域全体に形成されている、典型的なベッドタウン。金沢市中心部のほか、周辺部からも自動車による交通アクセスがよく、「イオン御経塚ショッピングセンター」をはじめ、大型の家電量販店、ホームセンターなどが建ち並んでいる。

小売業年間販売額と「人口当たりの大型小売店店舗面積」の両指標ともに全国1位だ。

これに続く新宮市(和歌山)も、3年連続で2位となった。紀伊半島の南部に位置する同市は、和歌山市のほか隣接する三重県・奈良県の中心部からも大きく離れている。周辺市町村には大きな商業施設が少なく、紀伊半島先端地域や三重県南部を含む熊野地方の中心都市としての性格も備える。

そのため、周辺地域も含め人口規模はそれほど大きくないにもかかわらず、小売業販売額は34位と全国トップクラスにある。

「利便度」カテゴリーでは、算出指標の「人口当たり小売業年間商品販売額」が、昨年までの2007年データから2012年データに更新された。この5年は、リーマン・ショックや東日本大震災など経済面・社会面での大きな変化に見舞われた期間。これがトップ10を含め、広範囲で順位の変動をもたらした。

3位の名取市(宮城)は昨年の10位から順位を上げた。大型店舗の新設もあって増加した小売業販売額で、昨年の165位から37位へと大幅上昇となったことが主因だが、東日本大震災の復興需要も後押ししたと考えられる。同じく4位の草津市(滋賀)も、小売業販売額の増加(昨年175位→今回42位)が寄与した。9位の三笠市(北海道)は昨年64位からのジャンプアップだ。

一方、昨年6位の武蔵野市(東京)が14位、昨年18位の立川市(東京)が36位にダウン。郊外都心ターミナルの商業集積地では、消費の低迷が直撃した格好となった。

■都市データパック
「住みよさランキング」でおなじみ、全国47都道府県の市・区ハンドブック。
豊富な社会・経済データと独自調査による多彩な地域情報で全国813市区を多面的に紹介。豊富な統計データもさらに充実。
紙版はこちら       データ版はこちら 

 

ランキングの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT