失踪疑惑?アリババ「ジャック・マー」の胸の内

逆風が強まる中、中国では論争も巻き起こる

マー氏がアリババ会長を退任した2019年9月、「ジャック・マーが時代をつくった」と称える投稿がSNSなどで拡散した。その数日後、国営メディアの人民網はジャック・マー崇拝を諫めるかのように、「いわゆるジャック・マー時代は存在しない。時代の中にジャック・マーがいただけだ」と題し、次のような評論記事を掲載した。

若者までもが論争に参戦

「成功した企業家、企業は必ず偉大な時代背景を拠り所としている。十数億人の中国人の消費者意識が覚醒した時代が、マーと彼のビジネスの成功の基盤となった。時代を捉えた者だけがポテンシャルを最大限に発揮でき、ジャック・マー、馬化騰、イーロン・マスク、そして私たちのような一般人も例外ではない。成功者を盲目的に崇拝するのではなく、時代背景を冷静に認識するべきだ」

アリババへの逆風が強まり、マー氏が沈黙を続ける中で、国営メディアから10代の若者までが「ジャック・マーと中国史」を巡る論争に参戦している。

いずれにせよ、経営の一線から退いたにもかかわらず、2カ月発信しないことで世界的ニュースになる起業家がどれほどいるだろうか。その事実をもってしても、彼が当代を代表する経営者の1人であることは、疑いの余地がない。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT