「渋沢栄一」が20代で発揮した人の心をつかむ技

上司・慶喜を口説き、農民と親しんで人材募る

すると続々と志願者が集まりはじめ、200以上に到達。播州、摂州、泉州でも応募者が相つぎ、全体で456、7人となった。栄一には白銀5枚と時服一領が褒美として与えられた。

この行動は、栄一が人間関係を理解した上で人材を集め、組織化する能力があることを示したケースであった。

人間関係をよく理解し、組織化に成功

『むさぼらなかった男――渋沢栄一「士魂商才」の人生秘録』(文藝春秋)※初出(『経営プロ』ProFuture社)書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

現代風にいえば、リーダーシップをよく発揮してみせたのである。

「それのみではなく、此行の道すがら、栄一は人情風俗の視察に力つとめて、芸能ある者、農商の道に功のあつた者、孝子・節婦・義僕等を調査し、之を具申して褒賞を請ひ、遂に允されて栄典の沙汰が行はれたといふ」(幸田露伴『渋沢栄一伝』)

親孝行な者や忠義な者を評価するのは、儒学の教えである。

26歳になった栄一は、かねて学んだ儒学の精神を行動によって表現できる、ふところの深さを身につけるようになっていたのであった。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT