CNNの視聴者数が過去最高、暴動事件巡る報道で

米議会への暴徒乱入に視聴者の関心が集中

米AT&T傘下のケーブルテレビ局CNNが6日、過去最高の視聴者数を記録した。暴徒化したトランプ大統領の支持者らが米連邦議会議事堂に乱入した事件を巡る報道に視聴者の関心が集まった。

デモ隊が議事堂を占拠し、催涙ガスや警棒などで対抗する警察官と激突した模様をCNNのニュース番組で視聴した人の数は522万人を超えた。

CNNの視聴者数は全体でも広告主が標的とする25-54歳の年齢層でも、フォックス傘下のFOXニュースとコムキャスト傘下のMSNBCを上回った。CNNによると、ライブストリームの視聴者数は180万人に達し、大統領選挙投開票日を上回った。

経済専門ネットワークとケーブルニュース7局の同日午後の総視聴者数は2300万人余りに上った。

フォックスによれば、同局のこの時間帯の平均視聴率は、ブレット・カバノー氏を最高裁判所判事に指名する人事を巡る上院審議を報じた2018年9月以来の高水準となった。

原題:CNN Sets Viewer Record With Country Fixated on Capitol Mob (1)(抜粋)

著者:Gerry Smith

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ネットで故人の声を聴け
  • 本当に強い大学
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT