ポルテ/スペイド終了、一世代築いた役目の意味

好調シエンタにバトンを渡し、16年の歴史に幕

2代目登場時に追加されたスペイド(写真:トヨタ自動車)

一方、左右でドア方式が異なるだけでなく、3ドアとなることで車体剛性の保持と、左右の剛性の調和をとるのが難しくなったが、試乗をしてみてもあまり違和感を覚えさせないように調整したクルマに仕上がっていた。このあたりは初代ポルテで左右非対称の車体設計をした経験が役立っているのだろう。

モデルチェンジを行った2012年には、前年にラウムの生産が終了しており、似た車種の統合が進んでいた。それでもほかに、「ラクティス」があったり「シエンタ」があったりと、車体全長4mほどのワゴン車が複数併売される状況にあった。

2代目の発売当時は、まだ取扱車種が系列で異なる時代であり、それぞれの販売店系列での商品の充実も必要だったであろう。しかし近年は、トヨタの店であればどこでも同じ車種を買えるようになり、コンパクトなトールワゴンはシエンタに集約されるようになってきたのではないか。実際、拙宅の近所では、親子2代でシエンタを2台保有する家がある。また、日産「キューブ」やマツダ「プレマシー」がなくなるなどして、シエンタに乗り換える消費者も出ているはずだ。

販売好調なシエンタに引き継ぎ、役目を終える

ガソリン車やハイブリッド車、5人乗りや7人乗り、2WDや4WDなどに加え、内外装のカラーリングや特別仕様車も多く、選択肢も多いシエンタ(写真:トヨタ自動車)

現行のシエンタは、2015年の発売から5年を経ているが、独創的な外観はもとより、低床式の室内、ハイブリッド車の快適さなど、2代目へのモデルチェンジで込められた高い商品性はまだ衰えていない。一方で、ポルテ/スペイドへの目線が離れはじめていたこともあるだろう。日本では、基本的に4ドアであることに利便性を覚える消費者が多い。4ドアは、人の乗り降りだけでなく荷物の載せ降ろしにおいても何かと融通が利くのである。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

シエンタは、ハイブリッド車を選べば燃費がよいだけでなく、静粛性も高まり快適な乗り心地になる。クルマの電動化は、環境性能向上だけでなく、快適さや上質さを向上させるのだ。ポルテ/スペイドがガソリンエンジン車のみという設定も、時代にそぐわなくなってきたといえるだろう。実際、他社も含めハイブリッド車(HV)の設定を持つ車種の多くが、6~7割の比率でHVが選ばれている実態がある。

ポルテ/スペイドは、登録車のハイトワゴンとして十分な役目を果たしてきたが、シエンタにその座を譲るときが来たといえる。それは、クルマ自体の商品性だけでなく、トヨタ車であればどの販売店でも買えるという、トヨタの販売店系列からの脱却も関わっているのだと思う。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT