上昇はもう一服?ワクチン相場の動きが鈍い訳

今後の行方を見通す重要なポイントを解説

東洋経済新報社の記者・編集者が、SBI証券のチーフストラテジストの北野一氏とともにマーケットを展望する月1回の連載「Monthly TREND REPORT」。第13回前編のテーマは、「ワクチンに実は慎重な株式相場」。北野氏が解説します(詳しくは動画をご覧ください)。

世界的に新型コロナウイルス感染が再拡大するなか、日経平均株価は高水準を維持している。欧米で始まったワクチン接種が投資家の間に安心感を与えているように映る。

上の画像をクリックするとSBI証券「Monthly TREND REPORT」のページにジャンプします

しかし、北野氏は「S&P500はファイザーがワクチン完成を発表した11月9日の高値をしばらく抜けていなかった」と、上昇が一服した株式市場の慎重な動きに注目。ワクチン接種でもしばらくは行動規制が必要になる可能性があるため、むしろ「政策対応が株価に反映されているようにみえる」と分析する。

では、今後の株式市場の行方を見通すうえで重要なポイントはどこなのか。詳しくは動画をご覧いただきたい。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT