MIT理系エリートが育った家庭環境とは?

最良の教育は親が楽しむこと、「楽しそう」だから子は興味を持つ

30年越しの仕返しを、いつかロサンゼルスで

母がまだ入院していたときに、僕は30歳の誕生日を迎えた。そこで父、妹と3人で母の病院に押しかけ、談話室で僕の三十路祝いをした。妹が買ってきてくれたケーキのプレートには、「おにい30歳おめでとう」……ではなく、「あきら&ちせつ 30th anniversary as 親」と書かれていた(親になって30周年。「あきら&ちせつ」は両親の名)。

生活能力ゼロの父を放ってはおけないと思ったのか、母は順調にリハビリをこなし、しっかり歩けるようになって退院した。とてもありがたいことに、父も転移なく元気にやっている。

両親に元気なうちにロサンゼルスに遊びに来いと言っているのだが、老けて出不精になったせいで、なかなか重い腰を上げてくれない(チタン合金製の足のせいで空港のセキュリティチェックにひっかかるのが面倒、などと言っている)。

もし来てくれたら、オンボロのシビックで空港まで迎えに行って、後部座席に乗せ、霧吹きで水をぶっかけて、30年越しの仕返しをしてやろうと企んでいるのだが。

 

新刊はこちら→『宇宙を目指して海を渡る MITで得た学び、NASA転職を決めた理由』 (Kindle版はこちら

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT