南アフリカ、コロナ変異種が感染急拡大要因に

「501.V2」、ゲノム研究者チームが突き止める

南アフリカ共和国のゲノム研究者のチームは、新型コロナウイルスの新たな変異種が同国の感染急拡大を引き起こしていることを突き止めた。

この2カ月間に採取した検体の調査で「501.V2」と呼ばれる変異種が一段と占めるようになっていることが分かった。ムキゼ保健相が18日、調査結果を報告した同チームと共に臨んだオンライン形式の会見で明らかにした。

ムキゼ保健相写真家:Waldo Swiegers / Bloomberg

ムキゼ氏は「臨床医らはさらに、臨床疫学的状況の変化についても事例証拠を提示してきたが、特に、重症疾患を示す併存疾患のない若年患者の割合に増加傾向が見られると指摘している」と述べた。

調査結果については、世界保健機関(WHO)に報告したと同氏は説明した。

南アでは今月、1日当たりの感染件数が倍増し、政府はコロナ第2波の到来を先週宣言した。保健省のデータによると、累計感染者数は約90万人に上る。

原題:South Africa Finds New Covid Variant Is Driving Second Wave (1)(抜粋)

著者:S'thembile Cele

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 財新
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT