この秋の恋ドラマがトレンド1位連発する凄み

全盛期を彷彿「クリスマスの最終回」に回帰へ

また、最終話のクライマックスで流れるであろう3曲の主題歌、「この恋あたためますか」のSEKAI NO OWARI「silent」、「姉ちゃんの恋人」のMr.Children「Brand new planet」、「#リモラブ」の福山雅治「心音」は、クリスマスのシーンにピッタリ。いずれもハッピーエンドが似合う曲だけに、主題歌が流れるシーンでは多くのツイートが飛び交うのではないでしょうか。

低視聴率でも「成功」と言える理由

3作はここまで世帯視聴率1ケタが続き、15日放送の「この恋あたためますか」第9話がようやく10.9%を記録しましたが、一般報道としては「低迷」と言われ続けています。しかし、ネット上の盛り上がりを見る限り視聴者の熱は高く愛情も深いうえに、ツイッターのトレンド1位を獲得。さらに、スポンサーニーズの高い13~49歳の個人視聴率はまずまずなど、むしろ「成功」というのが正しい見方でしょう。

この3作の低視聴率報道をしているWebメディアは、一部の表面的な数字だけを並べてPVを稼ごうとしているだけにすぎず、ドラマの実状や視聴者ニーズをとらえようとしていません。たとえば世帯視聴率は、「七人の秘書」(テレビ朝日系)、「監察医 朝顔」(フジテレビ系)、「危険なビーナス」(TBS系)が2ケタを叩き出していますが、広告としての価値や視聴者からの評価では恋愛ドラマ3作のほうが上回る点が多いくらいなのです。

このコラムをここまで読んでくださった人は、「3作いずれか」、あるいは「3作すべて」見ているのでしょうが、「1話も見ていない」という人が最終話だけ見るのもアリでしょう。コロナ禍で世の中が暗いムードの中、恋愛ドラマの中だけは、いい意味で非日常的な明るさを感じて幸せな気分になれるはずです。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT