コロナ禍で急増?「粉飾決算」を防ぐ2つの極意

架空計上や押し込み販売など手口はさまざま

万が一、会計不正が発生した場合に、それを「早く発見するための仕組みを構築しておく」ことも重要になります。具体的には、企業内部でのチェック=「内部監査の体制」をつくり上げたり、従業員が社内で問題だと考えたことを通報することができる「内部通報制度(スピークアップ)」を採用したりすることがあげられます。

こうしたことにより、会計不正が起きない仕組みを構築でき、「会計不正はできない」と経営者・管理者を含む全従業員に思わせる環境を生み出すことができます。つまり、これだけの仕組みがあるのだから、「会計不正をするなんて無理」と思わせる、ということです。

不正はNGという企業文化を醸成させる

もう1つは「会計不正を発生させないカルチャーを醸成すること」です。

『MBAのアカウンティングが10時間でざっと学べる』(KADOKAWA)書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

具体的には「会計不正はゼッタイにNG!」という倫理観を組織全体に行き渡らせるような、企業文化を醸成することです。

企業理念のなかに誠実性(Integrity)につながるポイントを含めて、それを社内で共有したり、経営者が絶えず誠実性や倫理観の重要性を社内にメッセージとして伝えていったりすることなどがあげられます。

このように、会計不正を発生させないためには、「仕組み」と「カルチャー」の両面での対応が重要になります。そして外部の目としては、こうしたことが企業としてできているか、企業風土として経営者・管理者を含む従業員に行き届いているかを、客観的に評価することが大切です。

(KADOKAWA提供)
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT