「田舎嫌いだった男」が地元輪島愛に目覚めた訳

10代目塗師屋として29歳が目指す伝統工芸継承

日本各地の伝統工芸同様、輪島塗も苦境に立たされているようです。国の重要無形文化財 輪島塗「ぐい吞」3種(写真:田谷漆器店)

職人の高齢化と減少、これに加わったコロナ禍で、日本各地の伝統工芸品とその技術は失われつつある。「2021年以降の先行きが見えない」(輪島漆器商工業協同組合の隅堅正事務局長)という輪島塗業界で、伝統工芸の継続を目指す29歳の塗師屋(ぬしや:輪島塗の企画から販売までを手がけるプロデューサー)の地道な挑戦を追った。

輪島塗で日常調理器具「料理ベラ」を開発

創業200年を誇る田谷漆器店の輪島塗展示コーナーに足を踏み入れると、そこには職人の使う下地ヘラを改造した「料理ベラ」数千本が、出荷のときを待ち整列していた。製品を開発したのは、祖父や父と共に働く田谷家10代目の塗師屋、田谷昂大さん(29)だ。

クラウドファンディングサービスで、職人の使うヘラを原形に、能登ヒバに漆塗りをほどこした漆器の「料理ベラ」を制作したところ9月〜10月までの1カ月間で購入総額は640万円、サポーター(購入者)は2000人を超え、予想を上回る売り上げを達成した。

輪島塗のお椀を手に説明する田谷家10代目の田谷昂大さん(写真:田谷漆器店)

「輪島塗をもっと身近に感じてほしい。調理器具なら日常生活で必ず使うだろう」(昂大さん)と開発。「伝統工芸と職人さんを応援したい」「天然素材の道具を探していた」——。サイトには漆器への興味と関心を裏付けるコメントが242件並んでいた。

輪島塗の生産額がピークに達した1991年、昂大さんは石川県輪島市に生まれた。祖父が職人兼塗師屋で父も塗師屋、祖母と母が会社の事務を手伝う田谷家では、食事中にも輪島塗の話題が飛びかったという。大人たちの話を横で聞いていた昂大少年だが、やがて自分もその会話の仲間入りをするとは想像していなかった。「中学を卒業するまで、輪島が嫌いだった」(昂大さん)からだ。

高校入学で親元を離れ、進学先には迷わず東京の大学を選んだ。けれども田舎を疎ましく感じる気持ちに、少しずつ変化が生まれる。

大学生になった昂大さんは新生活への準備のため、量販店でお椀を購入した。早速使ってみると、何かが違う。実家のお椀に口をつけたときの唇に吸い付くような漆(うるし)の感触や、汁物を冷まさず、熱を手に伝えない持ちやすさが、買ったものには備わっていないのだ。

今まで当たり前だと考えていた輪島塗の優れた機能性に、初めて気づいた瞬間だった。

次ページ儲からない伝統工芸から経営転換
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT