独立直後にがん、笠井アナ支えた「逆転の発想」

東日本大震災で得た経験が闘病に役立った

悪性リンパ腫が発覚したとき、笠井信輔さんはどんな心境だったのでしょうか?(写真:石川正勝)
50代でフリーアナウンサーに転身した笠井信輔さん(57)。その直後にステージ4の悪性リンパ腫が発覚します。一時は死を覚悟する、どん底ともいえる状況で、どうやって心の支えを見つけたのでしょうか。そこには東日本大震災の被災現場を数多く取材した経験が生きました。
※本稿は笠井氏の新著『生きる力』から一部抜粋・再構成したものです。

自分のことで精いっぱい

2019年12月17日午前2時25分、55歳と50歳、2人の弟にLINEをする。

夜遅くごめんなさい
色々考えているうちに、時間がおそくなってしまいました
実は……
病気になってしまいました。「悪性リンパ腫」という血液のがんです
フリーになって2か月、いきなりの宣告に「かんべんしてよ」というのが正直な気持ち
全身にがんが散っているらしいので、あちこち痛いんだけど、鎮痛剤でなんとかしてる
負けちゃいられない。このまま消えるわけにもいかない
インスタグラムだけだったけど、ブログも始めます
お袋と親父には、きのう、伝えました。お袋はさすがに泣いてたけどね
夜遅くごめん。とにかく、新聞発表までは、誰にも言わないでね
じゃ、お休み

兄貴から真夜中に突然こんなLINEをもらって弟たちはどんな気分だっただろう。私はといえばもう自分のことで精いっぱい。この後、自分の入院中の様子が毎日のようにネットニュースになるなど考えてもいませんでした。

ましてや、新型コロナウイルスに世界中が汚染され入院中に世の中が一変するなんて。

次ページ日々違う所が痛む
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT