生命保険のウラ側 後田亨著

生命保険のウラ側 後田亨著

1世帯当たりの平均年間保険料は生命保険だけで45万4000円(2009年度)と、「日本人の保険好き」は有名だそうだ。しかし保険のプロである著者はそのほとんどが「ムダ」だという。

特約満載のパッケージ商品で儲かるのは保険会社だけで、実際の医療保険は費用対効果がまったく割に合わないと指摘。保険に頼るポイントはたった一つ「貯金では対応しにくい金額」、要するに「大金」を調達できるという点だけ。

「貯蓄代わりに保険」はセールストークにすぎないと説く。

賢く生命保険を利用しようとするなら、無理に勉強してプロに近づくよりも、「掛け捨て定期」あるいは「わかる範囲で利用できる保険」を選ぶことだとアドバイスする。

朝日新書 819円

  

人気記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。